ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

昭和の眼

DSC00779s1_DxOFP1.jpg
Leitz - Summar 5cm/2 (1937)

自分が写真(カメラ)にハマりだしたのは、
故郷に戻ってしばらくしての頃だから、
いずれにせよ、とんでもなく「ニワカ」で「我流」。
大口など叩いてる場合ではない。

ではもし身体などを壊さず、順当に東京で生活していたなら
カメラ(写真)など好きになっていただろうか?

しかも時代物のレンズなど繰り出して、
手間のかかるような事を、わざわざしてただろうかと思うと、
まずその機会はなかったろうなあと思う。

では、そんなに故郷は美しく風光明媚だったのだろうか?

もちろん答えはNO!。
たいした見処もないし、他の地方都市に較べても
名所旧跡の類いは極めて少ない。

ただ、自分は浦島太郎状態。
35年間留守にした街並みは、見る影もなく変容している。
しかし僅かに昔のままの場所もある。最初は、
そうした場所の写真を、普通に懐かしんで撮っていたのだが、
なんだか少しだけ違和感があったのだ。

ある時思い立って、古い時代物のレンズを入手し、
それで懐かしい風景を撮ってみた。

驚いた…。

ノスタルジーというのとは少し違う、自分の夢の中に
たまに登場する故郷の、追憶の風情や色が、
ファインダーにそのまんま写し出されていたから!。

時代物のレンズは、確かに操作も厄介だし、ガラス材などの
経年劣化等々で、写りもあまく、ピントをあわせるのも極めて難しい。
それでも時代物のレンズに拘って用いるのは、それ即ちが

昭和の眼」って、気付いたから…。

そういうわけで、写真好きの方々には、随分と苛つく類いの
全然なっちゃあない、ピンぼけ写真に違いないと思いますけど、
ご理解いただければ幸いと、存じ上げる次第です。



やっとギター1本で飯が食えるようになってきたなあと
安堵してるタイミングで、その道の先輩達に矢継ぎ早に忠告されるのが

「ギター弾くだけの奴には成り下がるなよ!」

「楽器上手い奴なんて世の中には吐いて捨てる程ほど居るんだよ!!」

「ギター以外の武器を出来るだけたくさん持て!」

そういうわけで、まあ後日確かめたところでは、私の外交的?性格を
上手く活用して、もっと手広く、売込みとか営業を上手くやれ!
って意味だったらしいのだが、私は先輩達の言葉をまともに受けて、
必死にアレンジ…特に今更の楽典の勉強をした。

そうして気の置けない歌手の仲間達のアレンジをこそこそ始めるうちに
口コミであちこちのアイドルさん方から、依頼が舞い込むようになった。
(ほぼ同年代の気安さがあったのだと自己分析!?)

時代的に、歌謡アイドルの方々(ほとんど女子!)が、
自分のステージで「シティポップ」をレパートリーに加え、
唄うのが普通になっており、今日お届けする達郎さんの曲とか、
ボビーコードウェル、クリストファークロス何てところが、
わりと重なりダブって発注が来る。

Paper Dollは、実は私もアマチュアバンド時代に演奏していたから、
曲のコード進行や、リズムのディテールは熟知していたから、
歌手さんの個性に合わせて、ジャズ風味、R&Bちょい足し風味などなど
バリエーションを変えるなどわけなくて、
アレンジ仕事、美味しいかも!…何て思ったものだった。

JUJUさんという歌い手の方を、残念ながら私は全く存じ上げないが、
35〜6年前に自分たちがやってきた方法論と、殆ど変わらないところが、
妙に笑えるし、なんだかホッとしたようなそんな気持ちなのだ。
PAPER DOLL


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

8 Comments

ギターマジシャン says..."ペイパードール"
山下達郎の「イッツアポッピンタイム」のライブや、「ゴーアヘッド」での、
スタジオバージョン共に、昔から聴き込んでいますが、このジャズというか、
アコースティックというか、こうした編曲もまた、いかしていて良いですね。

JUJUは、歌番組で何度か見たくらいで、歌唱力は抜群で、声を張り上げ、
熱唱するというイメージだったので、この囁く歌い方は、かなり意外でした。

JUJUでは、そう気になりませんが、YouTubeでよくある女性のカバーが、
ため息まじりの囁きボイスで、メロディも妙にフラットさせて変えてみたり、
やたら伸ばしてビブラートをかけて、それを、ビートルズの曲でやられると、
これがプロっぽいカバーだとでもいうのかと、ムッとすることがあります。

ただ、ロックでもフュージョンでも、ついつい完コピにこだわる自分ですが、
たまに、原曲を生かしたものであれ、逆に大胆に変えてしまったものであれ、
おおっというカバー、編曲に出会うと、すごく嬉しくなり、これもそうです。
2016.03.08 22:53 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん まいどです"
確かに、腹立たしいビートルズアレンジって、特に国内アーティストに
多いですね!。アレンジはともかくも、手前勝手に自己陶酔が激しいだけで
肝心の発音までも自己流。もちろんビートルズスピリットなんてどこ吹く風..
ほんと殴ってやりたくなります。いつだったか埼玉まで、ジョンレノンフェス?
に出掛けたんですが、あまりに酷くて、そもそも唄知らないでしょ!って
出演者ばかりで、呆れて途中で帰りましたから。

私は根本的に自分に自信がないからか、完コピのままはどうも照れ臭いので、
一度壊してから、解釈を変えて再構築するのが、性格に合ってるみたいです。

まあそれぞれの方法論ですけどね!ZepやPurpleをアレンジしたって、
あんまり意味はないですからねえ…。


2016.03.08 23:48 | URL | #- [edit]
花 says...""
JUJUさんって、今若い子にすごく人気あるんだとよ~。
聴きながらコメ書こうとしたら、秋田弁の訛りコメと
ハイカラな唄声は、合わないよーなので、唄終わるの待ってた。 ( ̄∇ ̄;)

昭和を感じさせる写真は、すっご~く好きだな。
オラの母親が土門拳の「炭鉱の子供達」を観て
カメラやら、レンズやら買い込んでた頃があった。
そしたら、兄貴がいち早く感化されてね。

アンティークとかレトロとかゆーけど
「昭和」ってのが いいなぁ♪
2016.03.09 17:34 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."花ちゃん 毎度だス"
なにがあっても、花ちゃんには秋田弁でブイブイ言ってて欲しい!

土門拳とは、偉くハイカラなおっ母さんだすな!
そういえば花ちゃんも、時たまドキッとするような写真が
飛び出てくるから、おぬしただ者ではないな!?って思ってたよ。
ホントだよ!。

まあ故郷が出てくる夢って、だいたい追いかけられた挙げ句に
辿り着くところだから、いい夢な筈がないのだけれど、
そんな色褪せた感じの色調が、いつの間ににか理想の色に
なっちゃったって感じだね。


2016.03.09 19:06 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."JUJU"
彼女のリクエストってカヴァーアルバム持ってます。
友人の息子に勧められて買ったのですがジャズの
カヴァーも出して聞かしてもらいました。
語弊ある言い方ですが、聞き流すには良い方ですね。

それで大失態です。
ジョージの金字塔のアコギを正規と勘違い。
正規はアナログ2枚目の1曲目でした。
こちらはまさに金字塔アルバムサウンド。
アコギはCD追加のデモでした。
コメントレス訂正しました。
この辺勘違いするようじゃ引退です。
2016.03.09 22:42 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん まいどです"
>聞き流すには良い方ですね

感想は同じです。そんなにすごいって感じではなくて、世界観も
オリジナリティにはまだほど遠い感じです。
もうちょっと年嵩を経てゆけば、いい感じに化けるかもしれません。
J-POPに、そこまでの懐の深さがあるのかどうか、さてさて??。

ジョージはすみませんでした。そもそも私の勘違い!
あれえ、こんなだっけ??って思ってました。
正直デモじゃあ、失望で当然でしたね!

ジョージマーティン(享年90)は、キチンと跡継ぎを
育て上げてくれていたので、良かったです。
文化遺産の管理人ですものね!
2016.03.09 23:04 | URL | #- [edit]
NORI says...""
pipco1980さんとこうしてブログでお知り合いになれたのも写真のご縁uu*
しかも…多分その『昭和の目』感性が共鳴しているのではとも^^
色んな写真がありますものね。好みこそ 楽しさ! そう思います。
音楽の事はさっぱりで…(そちらが専門でいらっしゃるのにスイマセン)
でも写真を通じて交流させて頂けることがありがたいです(*^-^*)
2016.03.10 02:01 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."NORIさん まいどです"
こちらこそ、写真のことはさっぱりで…
お見苦しいところも多々あると思いますが、
日々、失礼しております。
NORIさんはじめ、様々な感性の方々の作品に衝撃を受けたり
共鳴したりで、毎日大変ですが、おかげさまでまでとても愉しいです!。
『昭和の眼』は、自分勝手で欲張りで泣き虫な、子供の頃の感性…って
意味もあるのかな…と、NORIさんの作品を見ながら
気づかされたような気がします。

2016.03.10 10:14 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/694-f90df790
該当の記事は見つかりませんでした。