ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

暇人のエア・ギター浪人

DSC01081s.jpg
Jupiter9 8.5cm/2(1957)

東独ツアイスの銘玉「ゾナー(Sonnar)」のロシア製コピーレンズ。
正確には、旧ソ連による東独の職工&硝材の連行&接収による
製造→再設計品?で、しかも西独ライカ用…って言う、
何とも数奇な運命のレンズ「ユピテル9
=KMZ(クラスノゴルスク機械工場)製造…。

そうしたわけで出自は極めて奇怪だけれど、
写りは呆気ないくらいに真っ当!。
キレも良くて、とてもモダンな感じだ。

1950年の製造開始以降、幾度かのモデルチェンジを経て、
2002年までの長きに渡り、製造・販売されていたらしい。

まあ、本家ゾナーも、今じゃあSONYによってライセンス製造され
「高級レンズ」として販売され続けているけれど(Vario-Sonnar?)、
あっちはあっち…年金をフンダンにいただけてる方々向けの
結構なブランド品?って感じ。

ユピテルは何てったって、それに較べりゃ、0が2つも少ない
数千円で買えるから、お財布の味方でもある!



さて、友人の子弟達も、それぞれに高校、大学受験と、
なかなか大変なようだ…。

我が家はどうだったかな?と思い出すけど、
正直あまりそうした記憶が無い。

親には大した相談もせずに自分で決めて、入って出て、
卒業祝いの食事会でもしようか?っていったら、
もう仕事してて、忙しくてそんな暇はないよ…って、
そんなツレナイ一人娘だ。

私は…大学浪人経験者…地元で近所の予備校に
取りあえず入ってみるのだが、
まあなにしろ成績は落ち放題!。

というより、不埒にもいろいろな人生の楽しみの片鱗を
一気にこの時点で覚えてしまって、
朝から駅前パチンコざんまいに、夜遊びはするし、
目立つバンド活動こそ控えてはいたけれど、
散発的に悪魔の誘いで「今夜バイトしない!」…で、
繁華街のディスコバンドのトラや、百貨店/商店街イベント、
ラジオの公開放送の余興にご出演…。

そんな感じだから、こりゃあもう2浪決定か!という中、
滑り止めとは言え、まあよく入れたものだ…。

地元新聞に「ビートルズフィルムコンサート開催」ってあって、
バンド演奏有り=出演:ザ・クロスロード…。

クロスロード…?
知らないバンドだなあ、それにしてもベタな名前だぜ!
恥ずかしくないんかな!何て思っていたら、
翌日、クロスロードの正体は意外にも自分達であることを
知らされる!もちろん他のメンバーとの面識なんか無い!
プロモーターの勝手過ぎる寄せ集め。

ラジオイベントの新聞告知に、謎のフォークデュオ
「ブライアンズ(?)」衝撃のデビュー!…。
既にご推察の通り、自分といつもツルんで遊んでる
相棒とのデュオらしい。

悪徳プロモーターにまたしても利用されたのだ。
抗議しても「どうせお前らヒマダンベ!」
といわれちゃあ、返す言葉が無いのが哀しい。

無論レパートリーなんか無いから、前夜に歌本を見ながら練習。
とはいえエレキとアコギのコンビで、シュガーベイブにユーミン…
かなり苦しい。そして急遽のオリジナル曲作り。

何故か毎回そんな無計画なプロモーターに振り回され続けるのだったが
まだこの時点で、一度も出演料というのをいただいてない…。

実は、様々な既存バンドさんには、ありがたくも、
お誘いいただいていたのだが、自分は4月になれば上京…
って決めていたから、安易に加入するわけにはいかなかったのだ。

そんなわけで、決まったバンドには参加せず、
単発アルバイトバンドは、基本的に知らない人達と一緒…。
そしてある日、ビヤガーデンバンドへのトラ(代理奏者)
の仕事をいただいた。

曲の打ち合わせもなく、

「適当に合わせてやって…」

「邪魔だけしないでくれ」

要は、メインはサックスだったり、ハモンドだったりして、
ギターなんて弾いてるフリだけでも構わんよ!…そんな感じ。

やや不安なまんまのビアガーデンバンドの1曲目が
忘れもしないこの曲!。さすがにコレは知っている!
私はノリノリで、ミテミテ自分を見て!…そんな感じで
オブリガートをキュンキュン弾きまくり、メロディを
オルガンとユニゾンで弾いたり、ハモらせたり…。

得意満面に楽屋に引き上げると、いきなりオルガン奏者の
たぶんバンマスに胸ぐらを掴まれ、

「テメーコノヤロー!邪魔すんなって言っただろ!」と脅かされ、
「もう、アンプに電源を入れるな!」…。

その日いただいた出演料は、忘れもしない2000円!
記念すべき初ギャラを、しかもトッパライでいただいた仕事は、
こんな感じの「エアーギター野郎」…

そういうわけで、怒鳴られつつも初ギャラをいただいた
記念の曲ってことになるのだろうか??
今でもたまにCD掛けて聴いてます… 
独特の緩いグルーヴ感が、最高に気持ちいいです!

Booker T. & The MG's - Time Is Tight


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

8 Comments

ギターマジシャン says..."ギターの居場所"
パチモン、バッタモンと言うと失礼ですが、謎のバンドに、知らない間に、
メンバーにされていたというのは、何とも、すごいお話ですが、それだけ、
腕を買われたのでしょうし、ビヤガーデンなんて、完全にプロですよね。

渋谷河合楽器でジャズギターを習った頃、ピアノ、サックスなどの生徒と、
ジャズコンボで発表会に出ましたが、練習で、サックスのメロディのとき、
オブリガードを弾くと、ピアノもフィルインだらけで音がぶつかりまくり、
ピアノソロのバックのオブリは、ベースがやたらと派手に弾きまくり出し、
ギターはテンションコードもやめて、4つだけ刻んでいろと言われました。

ジャズにギターの居場所はないのかと、六本木のライブハウスに行った時、
演奏後のピアノの人にかけ寄り、「ギターって邪魔なんでしょうか?」と、
声をかけたら、「耳が良ければコードもバッキングもぶつからないよ」と、
アドバイスしてくれましたが、結局、ギターソロ以外はエアー状態でした。

このブッカーTの曲は、野球中継のない時期限定で、今シーズン放送した、
TBSラジオの元春レイディオショーのオープニングテーマになってます。
2016.03.16 22:30 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん まいどです"
元春...って佐野元春サン?…あれえ、センス...良いじゃないかあ….。
友人がR大の軽音部にいたので、よく遊びにいったんですが、
そのときの部長がたしか元春サン….正直すごい印象悪くて、
以来彼の音楽...マトモに聴いたこと無かったんです。なんかちゃんと…
お話ししとけば案外楽しかったかも?….。

「耳が良ければ…」っていうのは、センスが良ければって意味でしょうけど、
ロック屋さんとジャズ屋さんのセンスは、永久に交わることはないように
私には思えますねえ。というか、根本的に会話が噛み合ない…と思います。
あの渡辺香津美さんだって、ロックやると、めちゃめちゃショボいですよね。




2016.03.16 22:59 | URL | #- [edit]
NORI says...""
正当な?写りですね^^
私の愛するロシアレンズHeliosも、確か2…3千円でした(笑)
個体差が大きいですが、その分個性的な写りに愛着が湧きます♪
2016.03.17 02:05 | URL | #- [edit]
瑠璃絵 says...""
おはようございます
色々レンズを変えて撮る
なかなか、楽しそうですね
色付きレンズって無いんですか
薄いピンクやブルー
楽しそうだけど、マジに
2016.03.17 09:12 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."NORIさん まいどです"
ええ、ええ、ちょっと真っ当なのが物足りないところですね。
えげつないくらい収差あった方が….
なんだか我々変態っぽいですね…ヤバいかも。
2016.03.17 10:33 | URL | #- [edit]
says..."瑠璃絵さん まいどです"
おはようございます

色付きフィルターは「モノクロ撮影用!」です。
色で光を抑えたり、変化の個性を愉しんだり…。

あと1950年代に、レンズに酸化トリウム(放射能)を含ませて
屈折率を高めたアトムレンズってのが「空気も写る!」って
モテハヤされた時期があるんですが、経年劣化で黄色に変食するのが
分かって廃止されたんですけど、今敢えてその黄変具合の案配が良い!と
求める好事家も多いそうです。ああ!ガラスの専門家に何て事を!!!
申し訳ないですううう。
2016.03.17 10:47 | URL | #- [edit]
mikitaka08 says...""
こんばんは

 この曲とビアーガーデン・ストーリーが見事にマッチしていますね。

 ほとんど行ったことはないのですが、ビアーガーデン・バンドのレベルは高いのですね。


 今は生演奏のビアーガーデンって、あるのでしょうか。
2016.03.18 17:49 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."mikitaka08さん 毎度です"
私もあんまり詳しくはないですが、10年ほど前に行った
上野のビヤガーデンにはレゲエバンドがいましたね。
ちょっと暑苦しかったかなあ??
あと、ヴェンチャーズっぽいテケテケバンドもよく見たような気がします。
私のときはたまたまハモンド奏者がバンマスのバンドで、普段は
ギターを置かないが、店側がうるさいから仕方なくオマエを呼んだ!
そういわれたような記憶がウッスラとありますね。

2016.03.18 20:27 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/698-d6ec3d34
該当の記事は見つかりませんでした。