ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

残念な我が町 その1

11.jpg

概ね35年のブランク、あるいは35年の過去からタイムマシンで現在の
秋田市にやってきたと思ってもらっても良いような立場だから、素頓狂
な質問を、いたるところでしてしまってる気がする。

「あの..市営バスの乗り場はどこ行っちゃったんですか?」

知らないうちに、失礼ながら田んぼしかない駅裏が「東口」と呼ばれ、
急速に(自分時間で)発展しているから、「きっと市営バスは東口
ロータリーに移動して、遠距離専門の中央交通との住み分けをしているの
だろう??と思い込んでいた私。

しかし中央交通には申し訳ないが、ざっくりし過ぎな路線、まばらすぎる
発着時間、高すぎる料金・・・には軽く怒りさえ覚えた。
しかし実際乗車してみると、そこそこ基幹路線なのに殆ど私の貸切状態。
運用サービスの極端な低下は致し方ないところなのかもなあ、と、
肩を落としてしまった。秋田に舞い戻って何度目の「肩落ち」なんだろうか。

モータリゼーションを今更否定する気はない。しかし、街の拡散化=駅前の
衰退=市街地全体の衰退はもはや疑いようのない事実である。愛車家?の
方には申し訳ないが、無駄な車多くないかなあと思う。荷物を運ぶでもなく、
一人で乗るなら自転車になさいよ!遠くならバスや電車を利用しようよ!
それがエコであるのはもちろんだが、我が町を活性化させる基本中の基本
だと思う。確かに車でなければ動きが取れないような住まいの方も多く
いらっしゃるとは思うが、最寄り駅までにしていただきたいものだ。

秋田の道はまたしても肩を落とすくらい自動車優先。
無駄としか思えない歩行者隔離の地下道には怒りさえ覚える。歩道のバリア
フリー化って役所は知らないとしか思えない=秋田市のお役人さんや議員さん
は車ばかり使って、道を歩くことはないから気づかないのね、ってこと?? 
車では快適な通行!の裏腹で歩道の劣悪さ、圧倒的に歩行者無視な信号など、
この辺りも本当に我が故郷、情けないぞ!とまた肩を落とすのだ。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/7-d9613d49
該当の記事は見つかりませんでした。