ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

腸内フローラを目指すのだ!?

DSC01444s2.jpg
Leitz - Summar 5cm/2 (1937)

当地では、春らしいお天気が続いている。
とても気持ちが良いから、少々冒険して
思い切った薄着で出掛けたりするのだが、
桜満開までまだ1カ月もあろうかという
北国のこの時期…まだまだ甘くはないようで

さっきからクシャミが停まらない…

あああ、春からやっちまったみたいだ…。



正月元旦に突如始まった不穏な腹具合…
実は今も続いている。

毎月、病院で整腸剤…とりわけ腸の活動を
活性化させる薬とか、漢方系の薬とかを調剤してもらって
服用してはいるのだが、あまり効果はないようで、
相変わらず、しんどい感じ…。

Googleで検索してみると、何となく「腸内フローラ」っていう
フレーズが、わりと頻繁に引っ掛かるようになってきている中、
どうやら「腸内環境」を整備する事が、この状態を脱却する
ヒントであるように思えてきて、じゃあ、どうすれば

「腸内をお花畑のような環境に再構築できるのだ!?」

というところに注目し、読み進むと、あれあれ、
それにはこのサプリメントを定期購入せよ!とか、
詳しくは専門書のコレコレを購入して読むべし!…
そんな感じでちっともわからない。

サプリメントをネット通販等で購入するのは簡単だけれど、
効く効かないも含め、自分に合うのかどうかもわからないまま
定期購入契約というので、実は以前に急に解約できない等で
トラブった事があるので(自分用ではなく母のサプリ…)、
少々気が重いのだ。

1週間も服用してみれば、効果までは無理でも、
自分に合うか合わないかくらいは判断できるから、
それくらいのお試し量のものがあれば良いのだが、
やはり1ヶ月分くらいがミニマムロットらしくて
なかなかしんどいなあ…その感じ...。

まあそうしたわけで取りあえずは、ビフィズス菌だの
LG幾つだのをナルタケ多く含む乳製品を摂る事で、
お茶を濁しているけれど、相変わらず腸内は絶対多数で
緩みっ放しの…ちょくちょく侮蔑的な失言をしたり、
或いは確信犯的に、自らの政権にとって不利益を発信をするメディアや
個人に圧力を加えたり、不倫に明け暮れていたり、
公のオカネを騙し取る口利きをしたりする悪玉菌どもが支配する、
ヤナ感じの無法世界になってるんだろうなあ…と思うと、
今すぐにでもドラスティックに腸内世界を改革し、
まさにお花畑に変えてくれる強力な救世主の登場を待望するのだ!



元来がへそ曲がりな私は、皆が皆「好き♥」という
ドゥービーブラザーズとかイーグルスとかには一向に興味を示さず、
アメリカンロックなら、何と言ってもオーリアンズ
と、そればかり聴いていた時期がある。

何と言ってもジャニスジョプリンの最期の方とか、
ボニーレイットやトムウェイツ、ホール&オーツの
いずれも初期のレコードで、とてもビビッドなストラトキャスター
サウンドを響かせていたジョンホールの大ファンである私は
誰がなんと云おうとドゥービーなんかよりオーリアンズだぜ!
何て意味なく突っ張りながら、バンドでもオーリアンズをやりたくて
ウズウズしていたのだが、いかんせん誰も知らない…
それがオーリアンズ…。

ああ「ダンス・ウィズ・ミー」とか「スティル・ザ・ワン」の
あのバンドね…知ってる知ってる…でもそれしか知らない…
まあそんな感じなのだ。

ちなみにDance With Meなんて、アメリカ本国では1stアルバムが
全然売れなかったものだから、この曲を含む2ndアルバムは
完成していたものの、米国では発売さえされず、なんと
日本と英国のみで細々と発売…後日、Dance With Meの英国に
おける小ヒットで、1stと2ndを再編集したアルバムが
全米でもやっと発売されたらしい=それが現在CD化…。

蛇足だが、ジョンホールは、バンド解散後、反原発運動の旗手として
アメリカ下院議員となる…。

まあそんな全く売れないオーリアンズだったが、西新宿辺りでは
ジョンホールの最初の(幻の)ソロアルバムとともに、
やたらと高値で取引された彼らの1stアルバムから…
大好きだったこの曲…ああ、やっぱCD化もされてないようだなあ…。
Orleans - Please Be There


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

8 Comments

バニーマン says...""
・・・申し訳ありません。
その、多分、編集された1stと2ndの合体盤のDance With Meしか知りません(^_^;)

それでもDance With Me以外は、随分ファンキーなバンドだな~とは思っていましたが、バンド人生もいろいろですね。

たしかジョンホールはジャクソン・ブラウンのアルバムでギターを弾いていたはず。なかなかよかっと記憶しております。
2016.03.28 21:14 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."バニーマンさん 毎度です"
いえいえ、私も恥ずかしながら最初はそれでした(笑!。
後日、ほんのすこし割高だった本当のセカンドも入手しましたが、
まあ、名盤という意味ではやはりこの1stの方でしょうね。

ダンス〜は、アールクルーのナイロンヴァージョンでも聴いとけ!って
とこで、さほど重要ではありません。まあ、バンドにはYesterday的な
ポジションかもしれませんが….。

ジャクソンブラウンといえば、NO NUKESでジョンホールと共演してたような
気がしますね!私的にはボニーレイットとの久々の共演に大興奮で、そのシーンしか
記憶にないのでした!。
スリーマイル島での事故で、立ち上がった多くのロックミュージシャン達で
したが、日本でもあれだけの大事故があったというのに…
清志郎サンが生きれればね…。
2016.03.28 21:47 | URL | #- [edit]
ギターマジシャン says..."ダンス・ウイズ・ミー"
オーリアンズというと、どうしても、「ダンス・ウイズ・ミー」が浮かび、
そのうえ、先にアール・クルーを聴いていて、イントロは、まんまなのか、
コーラスはCSN&Yみたいだ、フォーク出身だろうかと思ってましたが、
実際には、かなりアーシーというか、ファンキーなバンドだったのですね。

このファーストの曲は、ストラトのカッティングが、すごくごきげんで、
ジョン・ホールは、ストラトの名手で、カッティングがすごく見事だと、
ギター雑誌に出ていて、確か、ラスカルズ時代のバジー・フェイトンと、
双璧みたいな記事だった気がしつつ、いつもの記憶違いかもしれません。
2016.03.28 22:19 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん 毎度です"
いわゆる抜けの良いストラトキャスターの明るいキャラクターを
素直に生かした形の代表的なプレーヤーの一人でしょうね。
まあリチャードトンプソンとか、マークノップラーなんかと
同列のキーパーソンではなかったかなとも思います。

オーリアンズは、よく云われるのは、いかにもバンドマンが好みそうな
リズムの仕掛けや、複雑なツインリードなどがふんだんに出てくる
玄人好みのバンドでした。

何度か再結成もされてるようですけど、私的には、ボニーレイットの
バッキングでやってたような、ブリッジ付近を叩いてスティールパンみたいな
音を出したり、和音弾きでの難解な間奏などアグレッヴにもっと活動して
欲しいなあと思いますが、どうやら生ギの弾き語り方向に向いてしまってるので
勿体ないなあ〜なんて思う昨今ではあります。

2016.03.28 23:11 | URL | #- [edit]
花 says...""
お腹の具合、まだ続いてたんだね~。
正月からって・・・あらぁ、そりゃあ辛いわ。
オラも、ちょいちょいお腹の調子悪くするけど
それは、呑み過ぎた時だけだからなぁ。
痩せちゃったんじゃないの?
整腸作用のある食べ物って、いっぱいあるけど
相性があるみたいだしね。
一日でもいいから、すっきり出かけられるように
祈ってるで!
春になって暖かくなってきたから
少しはお腹にいいんだべが?
2016.03.29 13:34 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."花ちゃん まいどだス"
これ摂ったら、一発で解決!
そんなスーパースターを夢見てるんだけどね….。

花ちゃんも、おちゃけ…ほどほどにねえ!
どうせお花見宴会では、大爆発するんでしょ..(笑。
2016.03.29 15:31 | URL | #- [edit]
瑠璃絵 says...""
こんばんは
腸の特効薬は無いです
一番良いのは食べない事
腸も休みたいのです
2016.03.29 20:25 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."瑠璃絵さん まいどです"
こんばんは
まさしくその通りなんですね!。
でもやっぱ食べたいですしね….
困ったもんです。
2016.03.29 21:58 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/704-015a651b
該当の記事は見つかりませんでした。