ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

逃した魚は...

DSC0204s3s1.jpg
Komura- Uni Auto 3.5/24(1960's)

久々登場のコムラーレンズ。
「コムラー」だからローマ字表記が「Komura–」。

昭和20〜30年代に至る、ただいま絶賛復興中の
日本的ローマ字感覚が、何だかとてもチャーミング!

日本の「三協光機㈱」という会社が開発、発売していた
一眼レフ用レンズのブランド。
昭和40年代くらいまでは、結構名門で、人気もあったらしい。

愛らしいのはもう一つ…コムラーというブランド名は、
小村さんというヒトが社長さんだから…ではなくて、
社長の小島さんと、専務の稲村さんから
文字を取ってコムラー。相当仲が良いのか、
或いは実は悲喜交々あるのか…?

残念ながら昭和55年に倒産してしまっているので、
真相は藪の中…。

このブランドの中望遠レンズは銘品で絶品!との評判が高く、
現在も飛び抜けて高額で取引されている。

相当にカオスな写りで、ポートレイトを撮ると、
誰でも小日向文世か蟹江敬三か石橋蓮司か??
腹にイチモツ、ヒトクセもフタクセもありそうな
強烈個性の性格俳優のように写るらしい??

まあ私のこの24mm…。某オークションで数百円の代物.,..。
さすがに様々余分な光が派手に映り込んでしまっているが
気にしない、気にしない…。

どこにピンが来てるか、さっぱり分からないけれど、
これも気にしない、気にしない…。

因みにテッペンの光はお月さんだが、
何だかよく分からないけど
気にしない、気にしない….。



上京してわりとすぐに仲良くなった同じ学科のクラスメートが、
元々、Creationの竹田和夫さんのボーヤ(バンドボーイ)
をしていたそうだが、その後、いわゆるバックパッカーで
世界放浪をしたのち、帰国して、唐突に私と同窓生…。
一体何歳なんだ??というT君。

彼が在米中に酔っぱらいのアーミーから、
タダ同然で手に入れたという’63年ストラトキャスターを
私は「買う前提」で長期間(3ヶ月くらい)借りて弾いていたのだが、
ある日、シビレを切らしたT君から

「そろそろ買ってくれよ!」と催促されます。

私は「分かった…10万だね…用意するから1ヶ月待って!」

と頼むと、T君も何やら急な物入りがあったらしく

「1週間で9万…なんとかできないか?」

と云います。

私は、覚悟を決め「バイト料前借り」+「連チャンドカチン大会」
で、なんとかしよう!!ということにして、
いったんギターを返し、翌日から頼み込んで
「地下鉄半蔵門線作業現場」で働くことにした。
1週間、過密に働いて、なんとか金は出来た。

さてさて…と、彼の雪が谷大塚ってところにあったアパートに出向くのだが、
そこで私は愕然とするのだ。

’63ストラトキャスターは、既に別の買い手に渡ってしまったいうのだ。
例の竹田和夫氏が「即金」で持ち帰ったという…。

数日経ったある日、その「竹田和夫氏」のラジ関での放送を
私はたまたま聴いていた。

〜(竹田氏)友人のT君から、極上の63年ストラトを超格安で
 入手して弾いていたら、この曲のパート2を不意に思い付いて
 即刻録音した!...それでは、その曲をお聴きください…
 スピニング・トォホールド PART2〜
 
別の雑誌記事で、竹田氏はこのストラトを「6万で手に入れた…」
とも語っており、ちょっとショック…。
まあ、もたもたしてた自分が悪い!
これはこれで、なかなかの人生勉強になった出来事でもあったわいなあ…
と、考えることにしている。...あーあ。

Creation - Spinning Toe-Hold No.2


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
スポンサーサイト

4 Comments

ギターマジシャン says..."竹田和夫"
渋谷陽一のヤングジョッキーで、BOWWOWのスタジオライブと、立て続けに、
クリエイションのライブがあり、レスポールと思える太い音のギターに、
渋いボーカルで、Charや山本恭司と違い、歌もうまいなあと思いました。

ムー一族のテーマを始め、インスト路線にいったときは、フルアコを抱えて、
ビバップフレーズを決めていましたが、この曲は確かにストラトの音ですね。

当時は、2の方が、スピード感があり気に入ってましたが、この歳になると、
何だか慌しく感じてしまい、普通の方が、落ち着いて聴けて良いと思います。

クレジットはクリエイション名義で、メンバー写真もジャケにありますが、
このベースフレーズは、チェピート竹内のように思えて、ドラムの樋口は、
ソロ作品、ソロライブにも参加しましたが、後のメンバーはどうだったか。

当時、オールドギターは、今ほど馬鹿高くなかったし、自分は、中古だろと、
冷めた見方をしていましたが、63年製のストラト、悪名高きCBS以前の、
これぞストラトが9万円で手に入ったはずが、何とも、もったいない話です。
2016.04.19 20:53 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん まいどです"
あんまりギターに詳しくないのですが、自分は意外とCBS期の
デカ頭?も、それはそれで好きなんです!。
何てったってネックが丸太みたいにぶっとくて、フレットも太い!
マイクの性能が悪くても、生の鳴りがデカい!ただ少し手を加えないと
ノイズがガーガーうるさいとか、ピッチが悪い..って欠点もありますが、
そんなもの今はどうにでもなるわけで、とても愛すべきブツで
日本製コピーより安く買えた時期もありますけど、今やそれも極上品は
0が6個!…ヤレヤレです。63年はネックも細くて弾き易かったですけど
リアの量感がイマイチだった分、センターミックスが美しかった…
くらいしかもはや記憶はないです。
この曲も、思い出すのがいやであまり聴かずに今回やっと冷静に聴くことが
出来ましたよ!
2016.04.19 21:26 | URL | #- [edit]
花 says...""
難しいこと、全くわかんね~けど
この写真好きだな~
夜の花なのに、妙ないやらしさがなくて
むしろ清々しく感じるよ♪

ちょい、お客が来ちゃってるから
またゆっくり 遊びにくるね。

風邪ひかないでよね





2016.04.19 22:32 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."花ちゃん まいどだス"
忙しいとこわざわざゴメンねえ…。

夜は夜なりに夜らしく撮るぞお!
なんて意気込んではみたものの、
普通に夜は暗いわけで、理想は理想として
ナカナカ上手くは運ばないという話でしたとさ…。

呑みすぎんなよお!


2016.04.19 23:36 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/714-d03e5a27
該当の記事は見つかりませんでした。