ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

半人前とチャリティ

DSC03392s1_DxOFP.jpg
Leitz - Summar 5cm/2 (1937)

ちょっと恥ずかしいけれど、
フィルムシュミレーション的な効果が得れるらしい
ソフトウェアを使って現像してみた。

にわかカメラ好きには、聞いたこともないような
膨大なフィルムの型番、ネガ/ポジ/モノクロームの
プリセットが装備されている。

恐る恐る弄ってみると…

なんだかファミリーアルバムの中に何枚かある
父が大事にしていた貰い物の二眼レフカメラで撮った
意図不明な、色褪せた縁日写真…。

たぶん昭和40年代の初めくらい…。

「家族の誰も写ってない写真なんて
 フィルムが勿体ないじゃない!
 まったくおとうさんったら…」

って、母に小言を謂われていたような…
そんな感じに見えて、何だか妙に嬉しくなった。

まあ、たまにね…気が向いたら使ってみよう。
もちろん使い過ぎは禁物だな!。



デイブ・エドモンズニック・ロウの存在は、知っていたし、
なにしろ高校生の頃にニック・ロウがいたブリンズレー・シュワルツの
アルバムは既に愛聴盤だったけれど、その二人が合体して結成した
「ロックパイル」の実態を知るのは、実にレコードより先に
NHKで放送された「カンボジア難民救済コンサート」の中継によってだった。
しかも何故だか、ロックパイルは、喉を潰して久しいロバートプラントとの共演…。

まるでエルビス気取りのプラントの、その出来はともかくも、
このコンサートの衝撃は、私個人にとっては超ド級で、
クラッシュの鬼気迫る演奏に始まり、プリテンダーズ、スペシャルズ、
イアン・デュリー、そしてエルヴィス・コステロと、
なにしろ初々しい面々が実に熱くて、良い演奏を披露している。
The Whoも不幸を乗り越え、新加入ケニージョーンズの
実質的な世界お披露目だったと思うけれど、
さすがのスペクタクルだった。

もう一人、トリで某大物がいたようにも思うが、忘れてしまった(笑。
なにしろ派手なことが好きな人だ…。

で…その頃、私はと言うと、すっかり忘れていたけれど、
なんとこの日本にも、そうしたカンボジア難民ベネフィットの
世界的潮流が届いていて、私の周辺でも、とある外国生まれで、
当時、上智に通っていた某アイドルさんが、たどたどしい日本語で
「やろうよ!我々も!」ということになって、
東京(横浜含む)の各大学の自治会と連携し、
あちこちの大学や、公共施設などをチャリティコンサートで
ツアーして廻ることになった。

私はまだ、半アマチュアのしがないバンドマン見習い…というか
「擬き」に過ぎず、それでもPA屋のスタッフとして
そのイベントに参加する予定だったけれど、
基本的にタレントもバンドもノーギャラ!ってことになって、
そんなしょうもない理由で、私のところにアマチュアで
そこそこ出来る連中を集めて欲しい…そんな無体な要求で
結局私まで、ノーギャラバンドマン(!)で御出演と相成ったのだった…

ところがね….この英国側の規模と熱量って云ったらもう…。

因みにだが、なにしろノーギャラだったから、
これはもはやプロじゃあない!
そんな理由で、自分史的には完全に記憶から欠落していたのだが、
ギャラをいただかなかった…いただけなかったのは、
この時だけではないから、
では自分の経歴って一体なんだろうって…
妙なところに引っ掛かりが出来てしまった。

さて今日はそのカンボジア難民救済云々ではなくて、
なにしろ一発で夢中になったロックパイルの、衝撃のデビューアルバム…
そして、あれ?なんか入ってるよ?と、おまけで封入されていた
7インチのシングルEP盤…その内容が今日の曲である。

アルバム本編の熱さとはまた違うおもむきのデイブとニック。
なんでこんなに息が合ってるの?という珠玉のデュエットの
エヴァリー・ブラザーズ・メドレー!。
楽しそうだし何より信頼しきってる。
う〜ん、良いコンビだ!

そう信じていたのだが、呆気なくこのアルバム1枚だけで
グループは解散。まったく…人間関係ってややこしいね!

Rockpile - (Nick Lowe & Dave Edmunds Sing The Everly Brothers)
Take A Message To Mary - Crying In The Rain -Poor Jenny

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

10 Comments

yuccalina says...""
毎度です。
その番組、私も見てました!
確かプラントがLittle Sisterを歌ってましたっけ。私もあれでロックパイルを認識した、記念すべき番組でしたわ。
2016.05.24 00:25 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."yuccalinaさん まいどです"
Queenが実は苦手で、何だかなあ...なんて思いつつ、
なになに「ロケストラ?」…奴さん、またなんか仰々しいのをやらかす
つもりなのかい? いちいちメンドクサイ御仁だねえ…。
ってなわけで、ちょろちょろ出てくる小者どもがみんな素晴らしくて、
興奮していると、出ました!突然のオヤジバンド=ROCKPILE!!…
かっこ良かったっす!。
2016.05.24 01:25 | URL | #- [edit]
瑠璃絵 says...""
おはようございます
画像、柔らかくてイイじゃないですか
悪くないですよ
2016.05.24 09:37 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."瑠璃絵さん まいどだす"
こんにちは
取りあえず、どうもありがとうございます。
ただね....こういうソフトウェアって、やっぱり若干
背徳的っていうか、罪悪感を感じるんですね。
やっぱりきちんと、フィルムで撮って、現像液使って….。
そんな感じです。
2016.05.24 12:25 | URL | #- [edit]
バニーマン says...""
あ=、いいですね、これ。
サンデー・モーニング・ミュージックというか、そんな気持ち良さがありますね。

そのチャリティライブ、部分的にしか観ていないです。
ロケストラは観たような・・・(^_^;)
2016.05.24 20:55 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."バニーマンさん 毎度です"
アルバム本編とは全然違った、両巨頭による余興というか
余芸ですね….!こういうのをEPにして、あえてそれを謳うことなく
こっそりアルバムに忍ばせるサプライズ!!…やられましたねえ。
今はね、普通にCDのボーナストラック…普通ですものね。

まあ殆どチューブで網羅されてますから、機会あれば…
ロケストラ以外も…。



2016.05.24 22:03 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."ライブのアナログ買い逃した"
ポールがロケストラやったコンサートたしかNHKで
放映したと記憶しております。
ロックパイルアナログ購入しましたが印象に残ってない。
妙にプリテンダーズ印象に残ってます。
ライブの2枚組買い逃したけど、CD化されてないですね。
2016.05.24 23:18 | URL | #eTRrWisM [edit]
ギターマジシャン says..."ロックパイル"
エブリーブラザーズのカバーは、やっている本人達もすごく楽しそうですし、
ハモリもアコギも本当に見事で、さすがは職人集団だという感じです。

ロックパイルはパブロックだそうですが、その言葉自体、自分は知らなくて、
ライブハウス出身とかガレージバンドとかと同義なのか、すごく微妙です。

チャリティコンサートは、NHK放送どころか、出演者、内容にも疎くて、
ある意味、バングラディシュとライブエイドの架け橋なのに、何でまた、
空白だったか、当時はクロスオーバーに夢中だったとはいえ、謎です。
2016.05.24 23:27 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん 毎度です"
当時のデイヴエドマンズは孤高のロックンローラーというよりは、
ストレイキャッツのプロデューサー!って肩書きの方が通りが良いし、
ニックロウも元ブリンズレーの、いわゆるライヴ叩き上げで
なんでも出来るパブロック勢の旗手というか頭目で、
コステロのプロデューサーでStiffの経営者…..っていう
いかにも老獪な、英国の細野さんみたいな感じ。
そんなお二人のいぶし銀のデュオですから、
「伏して聴け!」って感じでしたかね。

やがて80年代を席巻するバンド達の瑞々しい姿が、心から
楽しかったヤングミュージックショー枠のコンサートフォーカンボジア…
でありました。最後のロケストラが、いかにも前時代的で、古くさく
しっかりしろよポール!!ってつくづく感じたのもまた事実であったわけです。
2016.05.25 01:26 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん まいどです"
モントルーのライブならCD化されてますね。

当時は友人が録画したものを何十回も繰り返し観ましたけど、
私の場合はロックパイル(wロバートプラント)とコステロとクラッシュ…
この辺りが中心でしたねえ。あとイアンデュリーも。
2016.05.25 01:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/732-771049bb
該当の記事は見つかりませんでした。