ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

素敵なこだわりオジサン

DSC04210あ
Carl Zeiss Jena 'Flektogon' 2.8/35 (2nd Edition-1964)

何事によらず、コダワリを持って生きて
おられる方を観ると異様に興味と、
親近感を覚えてしまう習性が私にはあるようで、
見ず知らずの方にも、袖すり合うも多生の縁…
と、ばかりに、ついつい声をかけさせていただいて、
有り難い薀蓄話などを傾聴したくなる。

もちろん、迷惑がられる時もないではないが、
たいていの場合は、目をキラキラと輝かせながら、
熱く語っていただけるわけで、その時の優しげで
幸福そうな表情がとっても好きで、
こちらも幸せな気分になるのだ。

昔、勤務先のアメリカエージェントだった
元軍属のおっさんのコダワリというのがハンパではない。

1950年代のサンダーバード(クルマ)のコレクターで、
わざわざ7台だか8台分のコレクションの
駐車スペースを確保する為に、
LAから、隣のネバダのLVに引っ越したほど。

ただし実際の走行は、LAくらいなら
一番のお気に入り=ピンクのサンダーバードで
フリーウェイを軽くぶっ飛ばして往復するのだそうだが、
私のムチャブリで「NY出張」となると、
燃費の関係から、TOYOTAを使わざるをえず、
ちょっと不満げに…「Yes Sir!」
ではなく、海軍式に「On My Way」
「到着は3日後だ…」と言うのだった。

私はといえば、さほどクルマに興味がないどころか
現在は免許も持ってないけれど、そうはいっても
走ればなんでも良いというわけではない。

出来れば、LVの彼のように、コダワリの
クラシックカーを、最高のチューンでもって
運転できたら、さぞや幸福だろうなって思う。

何度も何度も、狭っ苦しい日本なんか捨てて、
ステーツに来て、一緒にビジネスしようよ!
って、彼に誘われた…。
実は、ちょっと心残り…かな…。



ゾンビーズ解散後、主要メンバーのロッド・アージェント
満を持して自らの名を冠して結成したのが「アージェント
っていうグループ。

メインヴォーカルでソングライターでもあるラス・バラッドを据えて、
6枚のアルバムをリリースするも(ライブ盤1枚含む)、
ブリティッシュロック界に明確な爪痕を残さないまま、
フロントマンのラス・バラッドが脱退し、バンドは一気に崩壊の危機に。

しかしながら、ラスバラを失ったことで、ロッドアージェントも
腹を括ったか、たぶん最後となるアルバムだけは
盛大に、思い通りの傑作アルバムを作ろう!というので
一大プログレ大会を展開し、制作されたのが「サーカス幻想」…。

しかし内容はマニアには大絶賛の作品ながら、
セールスには全く結びつかず、レコード会社(Epic)との契約終了。
新たに契約したレーベルで(UA)、「サーカス幻想」の続編的なコンセプトで
完成したのが、この「Counterpoints」…。

こちらも名作の前作にひけを取らない素晴らしい出来なのだが、
いかんせん全く売れないまま、UAからも契約を切られ、
これがアージェントとして最後のアルバムとなった。

今聴いても、決して悪くないし、私にとっても(高3だったかな?)
思い出深い作品なのだが…コアなブリティッシュマニア以外には
ほとんど知られてないのが、とっても口惜しい…。
Argent - On My Feet Again


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

6 Comments

瑠璃絵 says...""
私の素敵なこだわり
On My Feet Again-ARGENTの
ジャケット?静止画が良いです
2016.06.02 16:39 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."瑠璃絵さん まいどです"
何故かFC2に限ってコメントNG…。
Rep遅れて申し訳ありませんでした!

いやはや確かに...素敵なコダワリですね…。
昔は直径30cmのレコードジャケットですから、
結構な迫力がありましたが、
今はこじんまり17cmのCDケース。
2016.06.03 10:48 | URL | #- [edit]
ギターマジシャン says..."アージェント"
以前、こちらのブログで初めて知ったバンドで、その時にも思ったのですが、
王道プログレで、キーボードがメインで歌伴していると、ジェネシスのよう、
インストでギターメインになると、ジャズロック、コロシアムⅡみたいです。

ゲイリー・ムーアがコロシアムⅡを脱退する前後に、セッション参加した、
アンドリュー・ロイド・ウェーバー「ヴァリエイションズ」に、なんと、
ロッド・アージェントも客演していたようで、ブリティッシュロック陣や、
プログレ陣は、けっこう交差し擦れ違っているのが、これまた面白いです。

(コメント送信がエラーになってしまい、やっと送れそうです)
2016.06.03 18:54 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん 毎度です"
昨夜はホントに何が起こったかと焦りました。
ご迷惑をお掛けしたみたいでFC2になり代り、お詫び申し上げます!

以前も申したかと思いますが、アージェントの前6作は、
死ぬほどツマランのです!
大して魅力もないラス・バラッドに強引に引っ張られた、
中途半端で退屈なポップ寄りのサウンド。

彼がいなくなって、やっと得たプログレハード+優しいポップ感覚の
ギャップによる奥深いサウンド….なんですけどね。

バンド名を思い切って変えて出直すべきだったかもしれません。
2016.06.04 00:43 | URL | #- [edit]
弥太郎 says...""
はじめまして。

いつも楽しませていただいております!
コダワリ、そしてちょっと心残り…かな…。
胸に染みました。なぜだか、今のわたしには
ぐっとくるものがありました。
ありがとうございます(笑)
2016.06.05 07:59 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."弥太郎さん まいどです"
こちらこそ、いつも弥太郎さんの記事、
楽しく拝読させていただいてます。
今後ともよろしくお願いしますです!
2016.06.05 13:13 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/736-0e4e4498
該当の記事は見つかりませんでした。