ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

ネコ騒動

DSC05058s.jpg
Leitz - Summar 5cm/2 (1937)

先日来の「ネコ騒動」の顛末は、
残念なことだが、とてもほろ苦いものとなってしまった。

とっても元気で、お転婆な仔猫と半日遊んで、
トイレだの、食事だの教えつつ、何しろ仔猫は
家の中を隅々まで探検するなど大暴れ。

さて、名前をどうしようか?
やっぱり鈴はつけた方がいいじゃないか?
そうだ、ネコ用爪切りを新調せねば…等々
ではではと、私がそのオツカイに出ている間に、
いぬねこボランティアのご担当の方が来訪したらしい。

曰く、ビルの高層階(4Fだが)で飼う場合の
ベランダ落下のリスクを完全に無くしてもらわない限り、
仔猫を預託するわけにはいかないので、
残念だが速やかに撤退する!として、
仔猫を連れ帰ってしまったそうだ。

鈴付きの仔猫用首輪とネコ用爪切りや、玩具なんかを
間抜けにも買いこんだ私が帰宅した時はもう…。

なるほどボランティア団体側の対応は適正で
責任感に満ち溢れたもので、十分に評価すべきものと
了解してはいる。

我々には理解し得ない大変な御苦労も多々あって、
イヌネコの未来や幸福を構想する上で、様々なリスクや
不都合は出来る限り排除しておきたいという主旨は、
完全に了解するものではあるけれど…

心にぽっかりと、思いのほか大きな穴が
あいてしまった...。

夜になって、きちんとご担当の方から私宛に報告の連絡
を頂いたのだが、仮に今回、ベランダのサッシを
改善したところで、窓も他にいくつかあるし、
おそらく今の調子では、それらも順次、
「転落リスク回避の為、諸々改造工事等の誓約書」
を要求される感じだ!?

さてさて、仔猫はホントにかわいいし、
特に高齢者の母にとっては、もう30年以上、
ネコと共にここで暮らしてきたわけだから、
かけがいの無い存在でもあるだろう。

その為の多少の出費や、普段は窓を開けないなど、
生活の我慢は、致し方ないものとは思うけれども、
それでもなんだか少しずつ興醒めしてゆくのも
また事実で、困ったものなのだ。



何だよ、またこいつザッパかよ!...という勿れ。
公式には、現在102タイトルある彼のCDの中の数ある傑作の中でも、
たぶん1番か2番に相違ない大傑作が「Roxy & Elsewhere」っていう、
マザーズ結成10周年ツアー時の2枚組ライヴ(CDは1枚もの)。

もちろんこの73年の時点で、既に本人以外にメンバーは
すっかり入れ替わっているが、バンドは様々な変転を経過して、
ここに最強で絶好調マザーズ!が誕生し、
その最良の果実としての「ライヴ盤」が、
まさにこのアルバムであるのだ。

私はちょうどザッパに、尋常ならざる興味というか探究心を
抱き始めたばかりの頃で、リアルタイムでこのアルバムを購入し、
聴いているが、やっぱり多くのザッパ&マザーズのアルバム同様に
一筋縄ではいかない、こちらのまだ拙い理解力が
試されるような難解な音世界。

それだけに、毎日毎日、絶対敵わない強者に、
1対1で勝負を挑むような、そんな気持ちで、
このアルバムと対峙していたように思う。

映像はスタジオレコーディング(リハーサル?)の模様だが、
この曲は、このアルバムと、後年発表された別ヴァージョン以外、
スタジオ録音のものは一切発表されておらず、あくまでも、
複雑怪奇な構成をもってしての「ライヴ専用曲!」

ライヴに並々ならぬ自信を漲らせていた時期のザッパと、
最強メンバー時代のマザーズにとって、この曲は、
「生でここまで演奏できるぞ!お前らに真似できるか!?」
というメッセージを含む、まさにロックの頂上なのである。

バンドはこの後も、テリー・ボジオが加わり、エディ・ジョブソンが、
エドリアン・ブリューが、パトリック・オハーンが、
スティーヴ・ヴァイが…と、キラ星の実力派達が行き交う
ちょっとも目が離せないバンドになってゆくわけである。

Frank Zappa & The Mothers - Cheepnis


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

6 Comments

バニーマン says..."ザッパ! さっぱり!?"
あいかわらず、スゴイとしか言いようがありません。

これをこのまんまライヴでやる!
どひゃ~、ですね(笑)

ザッパの名指揮ぶりがスゴイ。
2016.07.17 20:53 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."バニーマンさん まいどです"
バンドマンにとっては、一曲に数カ所だけキメ箇所って部分があって、
何しろ最低限そこさえビシッと音を揃えておけば及第点!?
って言うポイントがあるんですが、Zappaの曲はキメだらけ!
ほんとバンドマン泣かせです。しかも細部に至るまでもZappaは
きちんとスコアに書き込んでくるから、手も抜けないって…
いやはや大変です!!。

80年代後半の日本の雑誌インタビュー(確かPopeye..)によると
リハーサルも含めて3000万円出せば、来日公演可能!って
言ってたのが妙に衝撃で、何しろ世はバブル時代さなか…
誰か3000万ぽっち出さんかい!!って思ったものですけど、
考えてみれば入場料5千円で中野サンプラザを2日間
満杯にしてやっとぎゃら原価…もちろん日本にいったい
何人ファンがいるのかすらさっぱりわからない…。
まあ、いずれ自分が!?なんて浮かれて思ってるうちに、
亡くなっちゃいました…黙祷。
2016.07.17 21:23 | URL | #- [edit]
瑠璃絵 says...""
猫ちゃん、残念でしたね
家の次男宅もお試し期間があり
その後正式に頂いたそうです、あげる猫に対し
フォローがしっかりしている様ですね
ネットワークさんにお会いする機会があれば
そのへんを尋ねてみたいと思います。
2016.07.18 11:18 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."Re: 瑠璃絵さん まいどです"
おはようございます

理屈は理解できるんですけど、実際には相当憤慨しています!
何十年もネコがいた痕跡なんてすぐに理解できると思うんですが、
あれもこれもリスキーで、即刻改善せねばネコを飼う資格なし!
という烙印は、とても残酷で衝撃的。母などとても落ち込んでいます。
これでは、再度お願いする気になれません!
2016.07.18 11:39 | URL | #- [edit]
ギターマジシャン says..."歌も変拍子?"
ザッパバンドはテクニカル集団で、決めだの変拍子も何のそのでしょうが、
この映像を見ると、ヴォーカルも半端なくて、信じられないレベルです。

ロキシーザムービーと同じ音源かわかりませんが、ジョージ・デューク、
チェスター・トンプソンと、卒業後にも活躍するメンバーだらけですね。
2016.07.18 18:52 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん まいどです"
このヴァージョンは映像用で、公式CDの方は両方ともきちんと
リズムギターが、オリジナルのRoxy & Elsewhereにはギターソロパートまで
入ってます!。

ちなみに、このRoxy & Elsewhereを聴いて衝撃を受けた
フィルコリンズが、早速チェスターに連絡を入れて
ジェネシスに呼び寄せたんだそうです。
んでもって、その後任ドラマーのオーディションに現れ、
一発採用されたのがテリーボジオ….と、なるわけですね!。





2016.07.18 19:28 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/759-a136a4a6
該当の記事は見つかりませんでした。