ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

病み上がりのナット・キング・コール

DSC06066a1.jpg
"PORTO"
Leitz - Summar 5cm/2 (1937)


病み上がりには、うってつけのカンフル剤かな?
とても親しくしてもらってるお友達バンド
August MoonPortoの久々のステージ。

やっぱり良い…元気が出る…。

あんまりややこしい理屈に走らず
とっても自然体の音楽が、
ここまで心を癒してくれるとは考えもしなかった。

メンバーはほぼダブるけれど(?)
August Moonは70~80年代のR&Bベースのポップス。
明快ではあるけれど、少し捻ったマニアックさも、
とても自然に、ダンサブルにまとめるところは
紅一点todoさんの存在感なのだろうか?

Portoは、もっとも輝いて、自信に満ち溢れていた
1950年代アメリカの、ブルースやジャズスタンダード…。

ふと、今自分は、シカゴを出て、
国道66号を、彼女の住むLAサンタモニカに向け、
コルベットのスティングレーで疾走している…

カーラジオから流れてくるのは、
当時でさえ、少し古めかしい
ナットキングコールやポーギーカーマイケルの
ご機嫌なジャンプ&ジャイヴナンバー…。
そんな楽しい幻想をチラチラと抱かせてくれる音楽。

夜更けまでの大宴会とともに(病み上がりだけど…)
楽しくて貴重な時間なのである。

DSC07085.jpg
"August Moon"
Carl Zeiss Jena 'Flektogon' 2.8/35 (2nd Edition-1964)



そうしたわけで、たぶん自分には一生かかっても出せない
渋さだろうなあ…Portoは、いとも簡単にやってしまうけれど…。

ライヴ会場には、若いお客さんもたくさんいた。
たぶん初めて聴くような音楽何じゃないだろうか?
それでもしっかり良いものは良いとして、若い人たちも
「なんだか良く分からんけど、かっこいいなあ…」
そんな風に感じたのなら、素晴らしいことだと思う。

Nat King Cole - Route66

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

6 Comments

瑠璃絵 says...""
やっぱり行きましたね
P殿だったら、入院中でもエスケープして
行くのだろうと思っていました
病み上がり・・・普通に行けて良かったです
山形は猛暑、酷暑、どっこい署、負けました
2016.09.05 15:29 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."瑠璃絵さん まいどです"
おつかれさまでした。
こちらも昨日は酷暑。その中を自分の現在の体力顧みず
あちこち歩き回っていたら、本日はもうほぼダウン….。
駄目ですね….もっと鍛えないと…。
2016.09.05 16:26 | URL | #- [edit]
ギターマジシャン says..."ナットキングコール"
ナットキングコールは、オーケストラをバックにした歌も見事なのですが、
自身のピアノにギター、ベースというトリオ演奏も、本当に素晴らしくて、
この映像は、パーカッションも入り、ギターソロもすごくご機嫌です。

小粋なジャズという言い方で、くくってよいのか、分かりませんが、
ハーブ・エリスとやったオスカー・ピーターソンとか、ドラムでなく、
ギターが入ったピアノトリオは、すごく懐かしい響きがして良いです。
2016.09.05 20:05 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん 毎度です"
ロックンロール以前の、まだエレクトリックギターが脇役どころか、
殆ど存在価値すら認められない頃の音楽って、それなりに新鮮で
興味津々でもあり、随分と研究した時期もありますが、
そういえば自分がバンドマンしてた頃もフルバンド(特にラテン系)に
挿されて行くと、「ギター?別に要らねんじゃねーの?」なんて
邪険にされたこと、実はしばしばなんです。

ですからナットキングコールの時代にギターを採用すること自体が、
とってもモダンな感覚だったんだろうなあと思われ、
更にソロまで分担してるわけですから、相当感覚的に進んでたんでしょうね。
2016.09.05 20:28 | URL | #- [edit]
こばやし says..."いつも応援ありがとう!!"
ライブ&打ち上げ、楽しかったね!また一緒にやりましょう!!
体調も回復しつつあるようで、安心しました。でも、無理は禁物だよ!お互いそれなりの歳だからね。
2016.09.06 02:40 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."よっちゃん まいどです"
おつかれさまでした!
よっちゃんは、いつでも知り合った小3の頃のままで
何だかうれしいです。ちょうどそう…よっちゃんちで
いつも読ませてもらってた少年マガジンの、巨人の星や
あしたのジョーに熱中してた頃ですね!。
もう半世紀も前なのにね、昨日のことみたいです(しみじみしみじみ)。
2016.09.06 10:55 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/773-0f916840
該当の記事は見つかりませんでした。