ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

風邪ひきサイケデリック

DSC06221a1.jpg
Carl Zeiss 'Planar' 1.8/50 (1973)

とっても端正な写りのプラナー。
いかにも優等生的な、可もなく不可もなく…。
たぶん、また1年以上も、こいつを持ち出すことなど
ないのだろうな…?



どうも風邪をひいたっぽい。
咳が止まらず、軽く頭が痛いなあと思っていたら、
今朝辺りから熱が出てきて、何しろめまいがする。

先日盲腸をやってしまったけれど、実は風邪もひいてしまうと
いろいろ厄介な体質なので、出来るだけひかないよう
注意されたし!なんて言われていたが、風邪なんて、
ひく時は、もう否応なくひくものじゃないか!?。
ひいてしまったらもう仕方ないじゃないか!
なんて強がってみるも、やっぱり、熱が上がってくると、
正直しんどい…。

週末はいろんなイヴェントが目白押しで、
風邪などひいてる場合じゃないのだが、
ううむ、やっぱり何か旧悪のバチなんだろうか??

ちなみにだが、もう何年前になるんだろうか?
まだ私は東京にいる頃、故郷の友人のオヤジバンド
「PORTO」が、コンテストに出場し、
見事、東北ブロックを制して「恵比寿ガーデンホール」での
全国大会出場!!ということになって、
こりゃあ何をおいても応援に出張らねばならぬ!
と数日前からPortoの当人達以上に
楽しみにハリキッテいたのだが、いかんせん私は、
もはや最悪って云うくらいに体調が悪い。

遂にはまともにまっすぐ歩けなくなっていて、
家人に頼んで、いい歳こいて腕をガッチリ組んでもらって、
フラツキを押さえてもらいながら恵比寿に辿り着き、
最後まで演奏を愉しませてもらった。

その次の日、私は観念して病院へ…。
単なるヒドいめまいと思っていたら、心筋梗塞が発覚して
カテーテルによる動脈拡張も通用せず、翌日緊急手術…
医師曰く、あと一日遅れていたら、
命の保証は出来なかった…とのこと。

PORTOのコンテストの日程が、なんとも絶妙な日程だった
ってことで、ん?結局ポルトに助けられたってコトかな??
うーむ、難しいね。



先日に引き続き、個人的とはいえ、謎の名アルバム
”Neil's Heavy Concept Album"を紹介してみたい。

80年代のある日曜日、いつものように西新宿の英盤専門店で、
その週に新入荷のアルバムや12インチシングルを、まさに
目を皿にして、物色する私の姿があった。

そして、あまりも唐突に現れたのがこのアルバムである…。

1000full-neils-heavy-concept-album-cover.jpg

どうです?サイケロックファンと云うか、変なもの好きの
琴線に見事に触れる魅惑のカバーデザインでしょう?

惜しむらくはNeilという人の素性を、当時は全く存じ上げないし、
特にカバーにメンバークレジットというものも記載されていない。
それでも私のような好き者をそそってくれる楽曲が、見事に
溢れているではないか!

トラフィックの「ホールインマイシュー」キャラバンの名曲「ゴルフガール」
ピンクフロイドのデビューアルバム(当時は”サイケデリックの新鋭”)にはいってる
「地の精(The Gnome)」、
更には前回ご紹介のTomorrow「マイホワイトバイシクル」
ドノヴァンの「ハーディガーディマン」その他その他….なにしろ英国産サイケの
名曲ばかり!こりゃあやっぱり買わねばね!

Neilという人は、英国では有名なコメディアンのナイジェルプレイナーという人で
その後、例えばチャリティヴィデオの「Do They Know It’s Christmas Time」
とかにチョチョイと変態チックな役で出演してるし、英国系の映画でも
たまに見つけることが出来る。

そんなコメディアンによるこだわりのサイケアルバムということだろうと思うが、
ナショナルヘルスの面々始め、カンタベリー系のミュージシャンが
こぞって参加してることを、随分後年知った。

大好きなアニーホワイトヘッドによるGOLF GIRLのトロンボーンの
牧歌的なイントロとか、その筋のファンには、涙ものなのだが、
今日はアルバムの冒頭〜デイヴメイソン一世一代の名曲”Hole In My Shoe”
そして最後は、お約束の楽しい楽しいビートルズタイム!…
最高だぜ。サイケ・サイケ・サーイケ!!

Neil's Heavy Concept Album - 'Hello Vegetables' and 'Hole In My Shoe'


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

8 Comments

バニーマン says...""
これも見事なサイケ!
新鮮ですね、今聴くと。

風邪お大事に!
2016.09.16 20:52 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."お大事に"
今晩は全く存じ上げない人ですがイギリスのコメディアンの方ってモンティパイソン
系の方もそうですが音楽関係ににも食い込んでますね。
如何にもサイケ選曲も面白いこの方の趣味なのかな?
風邪はこじらすと厄介お大事になさってください。
2016.09.16 21:24 | URL | #eTRrWisM [edit]
面白半分 says...""
プログレ本のCD紹介コーナーにのっていてちょっと気になってました。
なるほどサイケ+カンタベリーって要素もあるんですね。
ビートルズタイムも楽しいしこれはよさそうです。

きっとアルバム全体にいろんな有名フレーズがちりばめられているんだろうなあ。

コレ欲しい!
2016.09.16 22:15 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."バニーマンさん まいどです"
ブログを上げてから、一眠りしてたんですが….
随分サイケな夢見ちゃいましたよ….これから
本格的な夜が怖いような、楽しみなような…。

2016.09.16 22:48 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん まいどです"
エリックアイドルとか、ヴィヴィアンスタンシャルとか、音楽でも才能豊かな
コメディアンは英国にたくさんいますものね!。

そういえば、ジョージマーティンも、喜劇俳優のピーターセラーズの
ドタバタ喜劇のレコード作ってたのが、見事にビートルズのサイケ化に
活かされるわけでしたねえ。
2016.09.16 22:56 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."面白半分さん 毎度です"
確かいつの頃か、国内版CDも出ていたようですね。
たしか「ニールのパーティ」とか….。
まあ英語ですけどね、寸劇+サイケ音楽っていうのが、
往年のマザーズっぽくて、私は一気にのめり込みましたね。

2016.09.16 23:01 | URL | #- [edit]
ギターマジシャン says..."デイブ・スチュワート"
この曲は、台詞から始まることもあり、元祖スネークマンショーかと、
つっこみを入れたくなりますが、本当にサイケで、ビートルズからの、
フレーズもガンガン飛び出して、すごく楽しく聴かせてもらいました。

デイブ・スチュワートはカンタベリー系というのか、個性的な音だから、
UKとブラフォードの違いは、ウェットンとジェフバーリンの違い以上に、
エディ・ジョブソンとデイブの音作り、フレーズの違いが大きいようで、
同じサハラをライブ演奏しても、イントロから互いの個性が出てます。
2016.09.17 11:26 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん まいどです"
デイブスティワートの経歴は実に多彩で、所謂カンタベリーの個性派というか
頑固者のロックミュージシャンですから、ブラフォード時代と云うのは、
ご当人には「アルバイト程度」、ギルガメッシュやナショナルヘルス崩壊後の
資金稼ぎという印象が私には強くて、その中でもこうした「サイケ」なセッションワークは
実に楽しそう!という感じです。
ジョブソンなんかもロキシーやザッパバンド以降、何だかつまらなそうと云うか、
UKなんてのも、私には薄っぺらに映ってしまいます。
もっとはじけて欲しいんですけどね….あの方には無理かな?
2016.09.17 14:03 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/778-69db93ad
該当の記事は見つかりませんでした。