ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

こだわらないのがこだわり...

DSC07453a_DxOFP14.jpg
Leitz ELMAR 5cm/F3.5 (1939)

どうもこのエルマー、無限遠は出ないし、
他にも諸々不都合あって、然るべきところに
オーバーホール+再調整をお願いせねばならない状態のようだ。

それでも往生際の悪い私は、何とかコツをつかむべく
奮闘してみるのだが、なかなか思い通りにはならない…。

一応、エルマーなら断然モノクロームだろう!…と、
カメラ側もモノクローム専用にセットアップ+調整して
トライしてみたものの、ご覧のサンタクロースも、
モノクロだとどうしても、怪しげなコソ泥爺さんにしか見えなくて、
いやはやどうも困ったものである…
まっ、それが愉しいんだけどね。



自分はギターを弾いて賃金を得るような時代もあったわけだけど、
楽器自体にさほどこだわりはなくて、だからといってなんでも佳し!
というわけでもないが、少なくてもコレクターではない。

その機種なりの個性をしっかり主張してくれるものなら、
そのクセの強い特性というか「らしい音」を
マッタリ愉しむ!っていう心意気こそが
自分にとっては最も重要。

逆に何でも過不足なく、ソツなく出来ると云うか、
オールマイティという名の無個性…
それが一番苦手かな…。
なぜか日本製にそういうのが多いような気がする。

レコード(CDか)も良く買う方だけれど、
オーディオ装置には意外と無頓着で、強いて云えば、
JBLスピーカーのなんとも麗しい、やっぱり
「ニオイの強い音」が好きだけど、なぜかJBLとは縁がなくて、
長いことイギリスのKEFっていうスピーカーに満足して、
つい最近まで使っていたのだが、
どうやらネコの爪研ぎに使われて仕舞ったようで
もはや見るカゲなく、ボロボロになってしまったから、
これ幸いにと、数年前にJBLに買い替えてある…。

しかしほとんどその麗しのJBLサウンドを愉しむことなく、
私は故あって故郷秋田へ。

仕方が無いから今、実家では、Macintoshを母艦として
国産アンプ経由で、小さなBOSEスピーカー…。

それでも意外と満足してたりする。

重要なのは、音質ではなくて、音楽そのもの…
なんてね…トランプみたいな大金持ちだったらね、
いくらでもこだわるんだろうが、
不満鬱積のプア・イエローじゃ、しょうがないねえ。

DSC07468aaa.jpg



まあ、冗談ソングと云ってしまえば、それまでの話なのだが、
それがフォークル、もとい加藤和彦さん+きたやまおさむさんとなれば
冗談にも、俄然、強い光が射してくる。
なんてったってあの「帰ってきたヨッパライ」のグループなのだから…。

♫銀座あたりをうろつけば〜

銀座には、「ライカ銀座(三越)」や「ライカサロン」まであるけれど、
ここでは、どう考えてもマニアックな中古カメラ店=並木通りの
「レモン社」あたりだろうか…?

8年ほど前、まだ大してカメラに興味もない時代に、
まさに銀座の友人から、まだ殆ど新品のデジタル一眼レフを

「自分はもっと良いヤツ買ったから」…と、

気前良く譲って貰ったものの、

「レンズは自分で買え!」(当然だ)

って云われて、一緒にレモン社に連れてってもらった。

その友人はとにかく悪いことは云わないから、
「単焦点レンズを買っておけ、絶対後悔しないから…!」
と、云うのだが、ドシロートの私は、便利そうだし、
価格も安いから「ズームレンズ」が欲しいというのが
本音の、全くオバカなビギナー。

結局、その日は彼の怖いくらいの熱意による圧から、
値頃な50mm(F1.8)単焦点レンズを買ったのだが、
やっぱり画角が選べない不便さから、翌日には
こっそりズームを買いに走った。

で、その写りの違いに、ドシロートながら愕然とする!。

単焦点は、確かに不便は不便だけど、遠けりゃ足を使って
近づけば良いし、近すぎたら離れれば良い….それだけのこと。

写りの良さにはナニゴトに寄らず換えられるモノではない!。

まあ、下手は下手なりにイロイロ試してみたら、
今じゃあ戦前レンズばっかり…。

ブログの写真も、近頃はすっかりアンビバレントなもの
ばかりになってしまってるようだ(笑。

ライカはローリング・ストーン


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

2 Comments

ギターマジシャン says..."フォーククルセダース"
「帰ってきたヨッパライ」は、小学生の頃、リアルタイムで、レコードも買い、
「風」「さすらい人」も買ったので、はしだのりひこ不在の再結成は残念で、
確かにオリジナルメンバーでなく、テレビ出演用の臨時雇いだったにせよ、
それはないよなあ、しかも坂崎って、これこそギャグじゃないかと思いました。

加藤和彦は、ミカバンドでさえ、ミカ不在で、桐嶋かれん、木村カエラと、
新メンバーで再結成していて、不動メンバーと、そうでないメンバーと、
何か基準があるのか、こちらは後藤次利が決して呼ばれなかったです。

この映像では、泉谷が乱入して、かなり前にフォークの特番があった時に、
坂崎と歌う南こうせつを、「こうせつは人がいいから、坂崎なんかと~」と、
文句を言っていたのが嘘のようで、泉谷も人が良くなったということですね。

2016.11.16 19:11 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん 毎度です"
はしださんは、やっぱりフォークルな人ではないです。
ビートルズが70年代にマッカートニー抜きでエルトンジョンを入れて組んだとして、
再結成ビートルズのコンサートなのにユアソングや、クロコダイルロック...そんな感じです。
あの方はあの方の世界ですね。

ミカバンドの音楽的リーダーはトノバンではなく、たぶん小原さん…。
次利さんは長いトラなんでしょうね…所詮。
良く或る話です。

2016.11.16 20:39 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/801-310e2e17
該当の記事は見つかりませんでした。