ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

建設現場のお客さん

DSC07647あ1
Leitz ELMAR 5cm/F3.5 (1939)

地底怪獣ガバモグラvs.宇宙怪獣ゲソ大王…♪〜

工事現場に行くとね、重機とかアタッチメントとか...
何もかもが、怪獣やら地球防衛軍の兵器に見えてしまって、
しばし見入ってしまい、作業中の職人さんに

「こらボウズ、危ないからあっち行けっ...!」

ところがいい齢こいても、その性質は変わらず、
相変わらず、半笑いで工事現場を眺めていると、
こちらをチラチラ気にしていたユンボ・オペレーターのオジサンが
突然エンジンを止め…

「旦那さん、何か御用なら監督呼びましょうか?」

たぶんクレーマーに間違えられてるのだろう….。

「いや…本日はいいや…仕事続けて!」

などと勿体ぶったふりの、いずれにせよ迷惑なオヤジであるのだ。


現状では最も直近の仕事だったのが、環境基準を中心とした
企業コンサルティングというような仕事だったのだが、
どうしたわけだか入社して数日経った頃、
上司に命令されたのが…

建築作業現場の「現場責任者」…。

細かい経緯は省略するとして、いずれにせよ、
何もしなくていいから、現場責任者として
スーツ&ネクタイ姿でその場に終日、
居丈高に居るだけでよし…。

居るだけと云っても、居るからには様々な仕事が発生する。

工事初日から、なにしろ焼き菓子(建設用語?)を持って
近隣住民を徹底訪問して挨拶周り。
性格的に、クドいくらいに状況説明して許しを請う、
ある意味得意技だ!

上司の話だと、工事事務所(プレハブのあれ!)で
のんびり居眠りでもしてりゃいい…なんてとんでもなくて、
作業車の誘導やら、そのタイムスケジュール作り。
さらには安全確認等の様々な儀式(?)の音頭取り。

そして最も頭を痛める、想定外のエリアからの騒音(振動)苦情やら、
泥が跳ねたの、職人に失礼な言葉を浴びせかけられただの、
人間不信になりそうなほど執拗な、正直「金目(!?)」な
クレーマー達の言動に悩まされる。

そんな日々も10日ほど続くと、それらにも何だか妙に慣れて来て、
それはそれで愉しくなって来た頃に、上司がやってきて、

「いやはや迷惑かけたね、明日から自分の身体が空くから、
 君はもう自分の仕事に戻っていいよ…」

はて...自分の仕事ってなんだっけ?
ちょっと戻りたくないな…職人さん達とも、やっと仲良くなれたし…

実際にはその後、自分が担当する、大手ゼネコンから工務店まで
建築業界の顧客も増えて、様々相談に乗ったり、提案したりが
多くなるのだけれど、10日間の「建設現場責任者」という
雑用係の経験が、とても役に立ったなあと思うわけで、その時の
年下の先輩上司(係長)に感謝してあまりあるにも関わらず、
自分は3年で彼を飛び越すことになってしまい、
あろうことか、自分の直属の部下になってしまうのだけれど、
その後もずうっと敬語で、何かにつけ、教えを乞いつつ、
頭のあがらない上司(私)…となるわけでありました。



The Workというバンドが果たして何者であったか?
どういう経緯で自分はこのEP盤を所持して、何だか妙に愛聴し
それどころか、ストレートな言葉で、自由に音楽表現をする彼らに
途轍もない憧れと嫉妬を抱いたのか….今となっては、何が何だか
記憶がとっても曖昧…。

なにしろこの時代はまだ音楽の仕事をしていたけれど、
たぶん無茶苦茶煮詰まっていた頃だと思う。

仕事は、幸いにも、あちこちで評価してもらって
かなり忙しくなっていた。

夜ステージがはねたら、大急ぎで信濃町やら赤坂やら
狸穴(まみあな)までタクシーを飛ばしてスタジオに入って、
誰の曲かも分からない録音を多数やった。

その時は誰の為の曲とか、もう一切興味が無かった。

ああアレンジャーはあの先生か…ならこんなサウンドが
喜ぶんじゃないかな?。

ディレクターは、あの知ったかぶりのオッサンね。
あのヒトは過去の成功体験を未だに引き摺っていて、
小洒落た…とか小綺麗な…サウンドを嫌う傾向があるから、
ちょっとGSっぽくワイルドめに弾くと喜ぶんだよな…

そんなツマラナイ業界の垢に、どっぷりと塗れた自分を、
実は自分自身が良く分かっていて、殆ど自己嫌悪に陥っていたのだと思う。

だから、なんだか粗野だけど、こんな自由気ままなサウンドに
ひたすら惹かれてた時代だった…。

The Work - I Hate America


[追 加]

グレッグ・レイクが亡くなったようだ。
なにしろ想い出はたくさんあるし、EL&P来日公演も何度観ただろう?
取りあえず、中学3年の頃、コレが弾けるようになったら絶対モテる!
って誰かに云われて、もう必死で一つ一つ音を捜し拾いながらコピーした
思い出深い曲だけど、弾けるようになったからって、
大してモテなかったなあ…。

なにしろ合掌。

EL&P - The Sage (賢人)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

6 Comments

ギターマジシャン says..."グレッグレイク"
今年はデビッドボウイ、レオンラッセルも亡くなり、ELPもキースに続いて、
グレッグまで、誰もが、まだ早すぎるのではという年齢に思え残念です。

ただ、晩年のグレッグレイクは、もともと小太り、ぽっちゃり系だったのが、
倍くらいの体格になってしまい、癌とは別に不摂生もあったのでしょうか?

クリムゾンの「エピタフ」「宮殿」にELPの「賢人」「スティルユーターン~」
「ラッキーマン」の歌声は忘れないし、「21世紀の~」「展覧会の絵」
「タルカス」のベース、ライブで弾くリードギター、すべてが金字塔です。

ワークスの曲は、ロックサイドからフリージャズにアプローチした感じで、
なかなか聴かせてくれ、一時期の香津美もこんな演奏をしてたような。

クレーンの写真、前回のは大魔神に見えましたが、今回のはガンダムで、
手前はたい焼きくんか、スティングレイという感じで、すごく面白いです。
2016.12.10 10:16 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん まいどです"
私はガンダム世代ではないし、無論ライダーでも戦隊世代でもないので、
どうしても発想…というか「妄想」が、「円谷プロ系」か、
サンダーバードの「ジェリーアンダーソン系」に偏ってしまうようです。
もちろんエヴァ系でもないから、シンゴジラの「使途」っぽい無敵で妙に
メカニックかつ神的なゴジラには、違和感を覚えます。
(石原さとみの将来米国大統領を狙うような「出来る女ぶり」もなんだか…?)

クリムゾン時代のレイクは、まだ若くて何も分からない時代に、
周りに「あーせーこーせい」と指示されてやっただけで、しかも
周りがフリップとシンフィールドの独裁が気に入らないから脱退!という
クーデターにも同意しつつ、それでもフリップに、ねえねえ2ndアルバムも手伝ってよ!
って頼まれると、気前良く全曲に参加したりするお人好しでもある、
まあ愛すべきキャラなんですね。
ちなみに、アコギはあんなに上手いのに、エレキは超下手ってヒト…
何だか珍しかったです(笑)。センスなのかな??
2016.12.10 12:07 | URL | #- [edit]
MASA says..."お誕生日おめでとうございます。"
秋田であれ、お江戸でも、上方からでも繋がりが続くのは嬉しいモンです、
木村和司の脳卒中発症が伝えられた時に、松ちゃんが思い浮かんだのですが、
今年はブログでの健在ぶり?を見届けホッとした次第です。(喩えが悪くてゴメン)

ギターが Marc Bonilla でもあり、キース・エマーソンのライヴに行く予定をしてしましたら、
突然の訃報に驚いたのですが、グレッグまで続くとは驚きでした。
聞けばキースは神経痛で3本の指しか自由にならなかったとのコトで、
実は数年前から私も親指の痛みでサムピックが使えない状況でして、
症状の悪化を恐れながらも、兎に角、ギターが好きなのを心に刻んでおり、
取っ換え引っ換え、ギターを弾ける幸せを享受しようと心掛けてます。

来期は出不精を解消して、若き戦士を追い旅したいなどと思っております、
秋田に行けるか?・・・したいと・・思っております?
2016.12.10 13:01 | URL | #0K.AxFoo [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.12.10 13:05 | | # [edit]
pipco1980 says..."MASA師匠 毎度です"
師匠、ご無沙汰でありました。

師匠との愉しかった交流の後、実はいろいろ変転しまして、
ハードワークと病気の繰り返し…。齢をとったら色々様々
らくちんになるはずが、なかなかにしんどい40〜50代となってます。

今じゃあ、古いカメラが好き!なんて、大笑いでしょ!。

ブラウブリッツ秋田は、いまだJ3ですし(4位)、県にJ2仕様の
スタジアム建設を!と答申しても、県庁側は馬耳東風…今J3優勝しても
昇格すら物理的に不可能なお寒い状況です。(監督だけJ2愛媛に昇格??)

なにしろ中高生男子の野球部率、女子のバスケ部率が日本一位なのに、
サッカー部率は日本47位の県ですから….。

※非コメの方に、師匠メアド….お願いします。
2016.12.10 14:35 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.12.10 18:59 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/812-563946ee
該当の記事は見つかりませんでした。