ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

肌感覚の杞憂

DSC09348A.jpg
Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)

写真を撮りに、勇んで出掛けてみても、
結局は面白くもない、雪・雪・雪…。

そういうわけで、申し訳ない…在庫から
もの凄い密度のオジサン達の宴….。

バンザイ歓喜の一団の横では、絶賛殴り合い中の
オッサン衆もいるし、それらをヤレヤレモットヤレ!
と無責任に囃し立て、焚き付ける野次馬もいる…。

チョットした人生の縮図だなあと思いながら、
高みの見物を決め込むオッサン(私)もいる….。



昔、主力で取引していたファッション雑貨チェーン店の本部に
某百貨店から招かれた執行役員という肩書の人が赴任した。

まるでどこかの国の大統領のように、それまでの商習慣や
人間関係のしがらみみたいなものを一切無視し、否定し、
なかば思いつきと好き嫌いによる、強引な改革と云うのを
断行していった。

しかし改革と云っても、あくまでも自社の利益の為だけで、
取引業者は疲弊し、クーデターを起こすどころか、
業者は一つまた一つと、フェードアウトするように、
取引を御免被るという形で離反して行く。

それでも最初の決算では、チェーン店は大増益となった。

数億円に渡るチェーン店のデッドストックを、
すべて既存業者に押し付ける…仕入伝票から一律の
歩引き(値引き)を強要する…自社人材も3割リストラ…。

売り上げは当然大幅下落してるにも関わらず、
帳面上の収支は「大幅増」で、彼は現場を全く知らない
経営陣から多大な評価を得て、常務に昇格した。

しかしリストラが功を奏したのは、初年度だけで、
あとはジリ貧…。

当時50店舗余の現場は、元々アルバイト店員の比率が高く、
わずかな社員達がアルバイトをうまくコントロールしていたのに、
そんな少数の社員(店長等)を「給料が高い!」と云う理由だけで
解雇してしまってたから、現場はスラム化し、
有力なメーカーも既に離れ、専務由来の百貨店メーカーなどの
まるでターゲットの異なる場違いなアイテム展開で、
売り上げも…ジリ貧。

当然、経営基盤も弱体化し始めると、
専務は取締役会で、業者との癒着など、様々な悪事を
暴露された挙げ句、解任動議に掛けられ、
あっさり解雇された後、会社自体も身売りされ
他の経営陣も全員退場となった。

さて、どこかの大国の大統領による思いつき政策が、
はたして吉なのか凶なのか、アナリストの予測も両論あるけれど、
自分の経験による肌感覚を信じるならば、明らかに
破滅的な方向に向かってるような気がする。

たぶん、多くの方々も同様の不安を抱いているのだと思う。

まあどこか極東の島国にように、経済状況は明らかに
悪化してるにも拘らず、相変わらずウソを突き通す宰相に、
ぐったりとウナダレながらも、今更ドラスティックな変革を求めるのは、
もう疲れちゃったし…ってな感じで、ダメダメな政権とは分かっていても、
支持し続けるしかない現状だけど、そんなケースも
あの大国の民には通じないような気がする。

困るのは、あの国の最大の産業であり、すべての窮地を覆す
奥の手的な最悪のカードを、あの国は持っていること。

その奥の手に、我が国はお付き合いさせられるのだろうか??
目下の杞憂はそこらに尽きるなあ。



我が家の家人とは、お互いハタチと19の頃からの付き合いだから、
もういい加減にしてくれってぐらい長い…。

当時の彼女はRC.サクセションの忌野と云う男のファンだ
と云ってたけど、当時の私は、距離は太陽と海王星付近の星クズくらい
離れているのに、何となく「同業者?」的な奢りがあったのか、
あんまり得意じゃなかったから、
一緒にRCのコンサートに出向く事もなかった。

10数年して突然私が家人に…

「おい、忌野さんのライブ行くぞ、ほい、チケット!」

理由はまさにブッカー T. & The MG's + メンフィスホーンズとの競演!!

MG'sにはやっぱり思い入れも大きかったし、また同時に
10数年越しの家人孝行というか、罪滅ぼしも兼ねたわけで、
まさに一石二鳥のライヴだったのである。

演奏は当然見事と云うほかないけれど、やっぱり清志郎さん…
凄かった。

若い頃は、正直あんまり理解できなかったベースのダックダンの
独特のちょっとツンノメリ気味のノリ…それが痛いほど理解できたし、
クロッパーはやっぱり巧い。

メンフィスホーンズの抜け方外し方も、まさにマッスルショールズの
汗臭さと温もりが伝わる香しいサウンド!

何もかも素晴らしかったな。

オーティスレディングのシャケ…じゃないシェイク!も
抜群の言葉が溢れる忌野風日本語版!

♫シェイク知らなきゃノータリンさ!Shake!

忌野清志郎 with BOOKER.T & THE MG'S / MEMPHIS HORNS - SHAKE! 


おまけです!
Otis Redding- Shake
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

8 Comments

バニーマン says...""
チャボと組んで、ストーンズを研究して、化粧をして、
セブンティーンみたいな雑誌でインタビューを受けても、
俺はソウルマンです!と答えていた清志郎。

当時の中高校生の女の子に理解できたのかな(笑)

僕が大学に入った年の学際にRCを呼ぼうとしたら、ギャラが高騰して、
呼べませんでした・・・(^_^;)
前年なら軽く呼べたのにって、先輩が泣いていました。

でもRCって岐阜の田舎町にもライブに来てくれました。
行きましたよ、二回も!
2017.01.28 21:52 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."今晩は"
税金は外国に自分の金の如く大判振舞して鼻高々の道半ばの総理さん
今日は自分ファーストの大統領と電話会談でポチと化すのかな?
RCはハードフォークの頃からテレビ神奈川にレギュラー出ててたので馴
馴深いバンドです。
干されて?音沙汰なしから見事ロックバンドで復活はびっくりでした。
ブッカ―との競演はソロのレザーシャープでしたね。
蛇足ながら
RCがレギュラーだったテレビ神奈川のヤングインパルスは友人H君が
まだ中坊ながら親戚?のプロデュサー発案して出来た番組。
それ故リハーサルから見る事出来ました。
2017.01.28 22:35 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."バニーマンさん まいどです"
自分はどちらかというとRCは、当初苦手の口だったんです。

まだ、日本のロックってエンターテインメントとしてはまるで未成熟で、
ロックミュージシャンは何故か無愛想で不機嫌を装うのがお約束の時代に、
キヨシさんは眩しすぎた!突き抜けてた!。

そういうわけで、随分と後になって、ほおー、スッゲエ硬派の
骨のある奴じゃないか!....やっと目覚めるわけです…遅い!


2017.01.28 22:50 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん まいどです"
金持ちがさらに金持ちに、貧乏人はさらに貧乏に…
それがグローバル経済….そして悲しい事に
それを支持してるほとんどが貧乏人….ヤレヤレです。

ヤングインパルス、田舎育ちですからリアルタイムで観た事はないでうけど
後年ヴィデオで結構観ましたかね….。
確か達郎さん唯一のTVご出演も、シュガーベイブ時代のこの番組だった気がします。
生見学とは羨ましい限りです!
2017.01.28 23:04 | URL | #- [edit]
ギターマジシャン says..."RCサクセション"
RCサクセションは、フォークだと思っていたら、パンクの化粧になるわ、
さらにフォークの古井戸のチャボが、和製キースみたいになっていて、
そのうえ、クロスウィンドの小川銀次も加わり、その変化に驚きました。

このライブを見ると、フォークよりも、リズム&ブルースが根底にあって、
オーティス・レディングやモータウンへの敬愛が強い方だったのですね。

92年の映像だそうですが、ブッカーT&ザMG'sが現役バリバリの演奏で、
来日ついでに、スタジオライブ盤の1枚くらい残してくれれば良かったし、
楽屋に来ていたチャーや金子マリとかは、セッションしたのでしょうか?
2017.01.29 13:34 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん まいどです"
ミスターハモンドのブッカーTが居ると「MG's」で、居ないと
「ブルースブラザーズ」…って、営業を使い分けてるようで、
実はどっちも「生」経験済ですが、どれがどれだったか記憶は定かじゃありません!

正直なところを白状すると、あんまりRCのバンドの方は特に好き!って
感じではなくて、自分的には相当物足りないって感じるんですね。
なんかね...キヨシさんやチャボが狙ってるサウンドと、実は
相当乖離してるんじゃないかなって…バンド側はむしろスプリングスティーンの
E Street Band辺りを目指してるのかな???そんな風に聴こえてくるんですね。
だから、キヨシさんは「正解例」をバンドメンバーに見せたかったのでは?
なんて当時思ってました….。
2017.01.29 14:08 | URL | #- [edit]
taka says..."随分 昔の思い出"
RCのコンサート 秋田で行ったことあります。
当時は単独は稀で、NSPと一緒だったような気がする。
清志郎がとんがり帽子だったこと、ウッドベースが弓で弾いていたことを鮮明に覚えている。

大学の友人は、清志郎が高校の先輩で、『ぼくの好きな先生』に出てくる先生に習ったことを自慢していた。
2017.01.29 18:56 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."takaさん まいどです"
フォークRCの時代でしょうから、まだ私も秋田に居た頃だと思われますが、
残念ながら記憶にありません。貴重なご体験かも知れませんね!。
ユーミンの秋田初公演なら、鮮明に覚えてるんですけどね!

日野高校の美術の先生だったですかね….。
2017.01.29 20:38 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/833-02c76ed9
該当の記事は見つかりませんでした。