ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

鳥海山は偉大なり、でも...

HDR3.jpg
先日の「フキ刈り写真」。女性を撮るのは非常に難しくかつ恥ずかしいもので、
そういうわけでモデルさんに失礼にならない程度に
POPに加工したものを取りあえず…。
ま、モデルさんがキレイだから何とか成立してるだけですけどね。



秋田に舞い戻って、とうに1年過ぎたけれど、
家の窓から鳥海山が見えたのは初めてのことで、
私はすっかり感動してしまいました。

もちろん鳥海山には子供の頃に何度か登ったこともあるし、
見慣れた景色でもあるわけだけれど、雪の残る鳥海山の凛々しさ清々しさには
多少興奮しつつ緊張したりもするものです。

同じように富士山の姿にも勿論緊張します。
そういえば昔から東京タワーが間近に見えると軽く興奮します。
山手線からチラッと見えただけでも少し震えます。
未だ昇った事はありませんが(下のビルではよく仕事してましたけど)。
杉並の自宅マンションから東側に例のスカイツリーがよく見えるわけですが
(完成した姿は見てないですけど)それには全く緊張しませんね…

あと初期型の新幹線の先頭車両にも軽く興奮しますが、「こまち」には一向に??
他にも国会議事堂、武道館、なぜかモノレール…とならベると、
これはどうやら何らかの「トラウマ」に起因するものとしか考えられません。

という事は秋田にはトラウマを引き起こしそうなものは山とか自然のみで、
建造物などはもはや残ってない!?という事になりますね。

キノウチデパートが往時の姿や繁栄を保っていてくれればかなり興奮したでしょう。
県庁、市役所、県民会館は昔のままですが、そもそも「品位の高い建造物」ではない。
県立美術館は何せ小学時代の通学路で建造中のものを日々眺めてましたが、
正直好きなフォルムではありません。

千秋公園はあちこち萌えポイントはありますが、興奮するほどではないです。
昔のように生々しい防空壕の跡やお堀のボート、児童動物園などがあれば
また違った印象かもしれません。

「なかいち」などは肝心の施設よりも駐車ビルの方がデカイっていう
大幅に安っぽい感じでテンションは下がります。
あそこは観光&ショッピング施設+バスターミナルセンターで
県外客や秋田の他の都市とのターミナル基地とすべきでしょう。
と実は6年前からの持論だったんですが、
周囲から同意された事は一度もないので、
まあ無理なんでしょうね。
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/85-17c50239
該当の記事は見つかりませんでした。