ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

人生観が変わる瞬間

DSC09665あ
Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)

JR秋田駅の「駅そば」が、8年ぶりに復活とのこと。

裏を返せば、よく8年もの間、
駅に「立ちそば屋」が無いまま、過ごせたものだなあ!?
と、感心しつつ、まあ、やっとこさ、
普通の駅に戻ったのだなあ…そう思う。

ちなみに私はいつもJR吉祥寺駅の

「肉そばコロッケ乗せ…」

今じゃあカロリーオーバーかな??



前項で、自らの「危篤」の一件を話題にしたのだが、
自分はあくまでも気を失っただけの能天気さで、
これから死ぬのだなあという意識も感慨も全然ないし、
あとで「危篤だったのだ」と聴かされたところで、
生き残った立場としては、笑い話でしかない。

しかし、その「危篤」をナースに通告された
家族の側の視点を、今あらためて思いやると、
その背筋が凍るほどの心情に
何だか無性に申し訳ない気持ちになった。

あらかじめ心の準備があれば、また随分と違ったと思うが、
自分の場合は、順調に回復し、退院も間近…
職場復帰も可能...という中での突如の容態急変...

「危篤通告」…。

(酷い目眩に悩まされてるのを、専門外の医師達は
 敢えて黙殺していたような気がする)

家人から電話で連絡を受けた母によると、
家人は泣きじゃくり、相当に狼狽していたという。

そういう事を私が知ったのは、実はずうっと後の事で、
自分的には、「ひと騒動あったな、ヤレヤレ…」という程度なのだが、
壮絶な舞台裏…いやはや今更ながら申し訳なさすぎて
昨夜は珍しく東京にいる家人に自分から電話してしまった…。

「ああ、あの日ね…凍って真っ白、殆ど何も覚えてない…
 気がついたら、病棟の奥の、お線香臭い部屋(安置室?)で、
 あなたは何か塗ってるみたいに白過ぎる顔で眠ってた…それだけ…」

まったく今更だけど、あのときは驚かせて?...違うな...
悲しませて?....それも少し違う…お騒がせして…全然違う…
いずれにしろ諸々ホントに申し訳なかった…

…と、云うと奴はボソッと云った…。

「ほんと…人生観、変わったわ…」

果たして自分は戻れるのだろうか…??



たぶん高校時代だと思うけれど、そのアルバムを
丸ごとコピーしたカセットテープを所持していて、
しょっちゅう聴いていた、とっても心地良いサウンド…。

しかし誰のなんというアルバムなのかさっぱり分からない。

アタリは何となく付いていた…
サウンドはソウルフルでファンキーなのだが、独特の湿り気があり、
その心地良い湿度感覚は間違いなく英国薫陶のサウンド…。

英国製ソウルと云えば、アヴェレージ・ホワイト・バンドか
ジョーコッカーのバックバンドで名を馳せたグリースバンド、
その発展系のKOKOMO…?

しかし確証を得る事は無いまま、
なぜだかそのテープを肌身離さず持って上京し、
西日のキツい四畳半でも気に入って頻繁に聴いていたら、
ある日遊びに来てた音楽仲間が...

「おっ!これKOKOMOじゃん!さすがシブいねえキミは!」

翌日、アルバイトの帰りに、銀座HUNTER(!)に寄り道して、
KOKOMOの中古盤を見つけて即ゲット!

音楽の中身は聴き慣れてるどころか、殆どギターでコピーできて
しまってるくらい聴き込んでいたけれど、
さすがに曲名や歌詞などの情報が明白になった上で聴くのは、
また格別のヨロコビ…。

特に、後にRoxy Musicでも活躍するニール・ハバードとアラン・スペナーの
名コンビに、メル・コリンズ等々、英国流ソウルでファンクでオマケに
プログレなメンツ大集合のKOKOMOのデビューアルバム...
邦題はちょっとオチャラケて...

『ファンキー・マシーン★ココモ1号』…!

ギターの弾き方とか、リズムアレンジとか、
実は、自分はここから相当影響を受けてたなあって思うが、
不思議にCDを持ってなかった…
大至急ポチだぜ!

Kokomo - Anytime


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

8 Comments

バニーマン says...""
こんばんは。

初めて聴きましたが気持ちイイです!
こういう例えは“違う!”と言われそうですが(笑)、
僕にとっては70年代から80年代にかけてのアメリカは西海岸の
AORを思い浮かべます。
似て非なるものでも、ホワイトソウルと言う意味ではね(^_^;)
ま~AORと言えどもいろいろですが。
2017.03.16 21:21 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."バニーマンさん まいどです"
こちらもあくまでも個人的な見解ですから、正しいかどうかは分かりませんけど
AORっていうのは、ジャズにしろR&Bにしろ、黒人が白人的なアプローチで
ソフィスティケイトした音楽…。
一方ホワイトソウルは、まさに言葉通りに、白人が黒人音楽にアプローチしたもの…
稀に例外もあるかもしれませんが、大体そんな感じだと思います。
そういう意味で、私はAORは苦手だけど、ホワイトソウルは大好物!!
っていう結論に至るわけです。

そこにまた英国人っていう、米国人とはまた違ったバックボーンと云うか
面白いフィルターが掛かった、香り高い滋味が加わって、
まさにModsによるR&B解釈を論ずるまでもなく、
バニーマンさんもよーくご存知の痛快さがあると思うんです。

よってKokomo…いいでしょ!?
2017.03.16 21:44 | URL | #- [edit]
花 says...""
ご無沙汰し過ぎで ごめん。
エライもん抱えてたんだな~。
寄り添いたいくらいに心配だし、ショック。

大丈夫か?と聞くのもおこがましいが・・・
居てくれるだけでえ~からさ、トモダチでいでけれな~♪

最初の写真、ぐっとくるじぇ~(^^)v
2017.03.16 21:44 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."花ちゃん まいどだス"
うんうん、しばらくでした!

いやいや自分は、周りの思いみたいなものをあんまり深く考えずに
ヘラヘラしすぎてたなあって、反省してるって図なんだす。
でも、ありがとね。優しいなあ花ちゃんは...!

写真…ただのスットボケた立ち食いそば屋を(?)
どうやったらドラマティックに撮れるんだろ??って、
10秒くらい考えた結果の、モノクロで縦グリ…
褒めてもらうと、ヤッパリ嬉しいだす!!
2017.03.16 22:11 | URL | #- [edit]
あとりえ瑠璃絵 says...""
ご無沙汰です
貴重な経験、体験?(危篤)されてますね
何事も経験ですが・・ご自愛を
小生も今月、前期高齢者の仲間入り
今日は毎月1回、仲間10人での無尽(飲み会)ですが
入院中、退院したばかりと2名欠席です、そんなことで
今日の話題も「病気」「薬」「終活」がテーマになりそうです(笑)
小生もボチボチ準備を始めました
子供達には刺激になっているようでが
人生の順番を自覚しはじめているようです
2017.03.18 10:06 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."瑠璃絵さん まいどです"
こちらこそご無沙汰でした。

死生観….って言うほど大袈裟ではないのですが、当人はただ気を失うとか、
場合によってはそのまんま….等々、あくまでも哲学的ではなく、
唯物論的に「死ぬ」って、まあそんなもんだろな…??って
睡眠の延長くらいの感じで、大したことじゃないとも思われますが、
家族とかその周辺にとっては、今後の人生のあり方が変わってしまうこともあり、
なかなか大変です。そういうことの慮り(おもんばかり)が、
残された人生の仕事なのかなあと、まさか還暦前にそんな事を思うとは
考えもしませんでしたが、何となく気分のすぐれない毎日の中で思うわけです。
2017.03.18 12:15 | URL | #- [edit]
ギターマジシャン says..."ココモ"
ココモというと、ビーチボーイズの曲名のほうが浮かびますが、すごく70年代らしい良いサウンドを聴かせてくれるバンドですね。

ウイングスのヘンリー・マックロウが在籍したジョーコッカーのバンド出身者に、クリムゾン人脈のメル・コリンズと、すごく自分の好みの音楽に近いところの人がメンバーとあって、すごく親しみやすい気分もします。

それと、いつもの勘違いですが、アベレージ・ホワイト・バンドはアメリカのバンドだと思っていて、このココモといい、イギリスでファンクってあるんですね。(レベル42やシャカタクもインストファンクと言えば、ファンクですが)
2017.03.19 11:57 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん まいどです"
ビートルズが、着眼してカバーしてみせたモータウンのガールズグループを
米国側が逆輸入して、さらに洗練されたソウルに発展すると云った感じで、
英国で一旦ロンダリングして….?ってケースはファンクにもレゲエにもあって
その辺りアンテナを常に立てていれば、なかなか面白い音楽に触れられると思います。

このKokomoも、この曲以外では、あからさまに7〜8年後のRoxy=Avalonのサウンド
そのものだったりして、骨格は既にこの時点で完成していたなど、やっぱりロックは
面白いです!。

2017.03.19 13:38 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/852-4b88bb06
該当の記事は見つかりませんでした。