ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

深層心理は真相真理?

DSC09821a.jpg
Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)

今の季節,ちょっとした山の斜面に足を踏み入れると
あちこち、雪解け水の湧水で、
地面がビチョッビチョに濡れている。

これもまた、春を告げる風物詩なのだなあと
感じ入る間もなく、私の靴もビッチョビチョ…。



禁煙して数年経つが、実は未だに
「自分は禁煙している…(エライでしょ!)」
そういう自覚はまったくない。

あれほど大好きで,人生の大半において
片時も離れる事なく、どんなときも肌身離さず
一緒の時間を過ごしたのに,今はもう、
吸いたいなあとは思いもしない自分の、
まったくもってドライでクールでヒトデナシな
その態度に、相当畏れ入るのだ。

さらに不思議な事なのだが、
夢の中の自分は、未だに罪悪感に苛まれながらも、
高校生みたいに、家族や上司や主治医などの
目を盗みつつ、隠れ煙草ザンマイの
なんとも情けない「ダメダメキャラ」であるのだ。

潜在意識の中で「実は吸いたい」と思ってるのだろうか?

もちろん表層的には,そんな抑圧した感情を
煙草に対し持ってるとは、とても思えないのだが,
フロイトの定理を持ち出すまでもなく,
深層は真相であるのかもしれないなあと思うと、
すこし恐怖でもあるのだ。

ホントにホントで、自分でもびっくりするほど、

「ああ吸いてーなあ」

なんて,つゆほども思わない自分に対して、
肝心の自分自身が、疑いの眼差しを注いでたりするのだ…。

うーむ、自分の行動を自分が一番信じてない…

何だろね,この心理…?



中高生の時分、たぶん地元ラジオ局の主催で、
不定期ながら、洋楽のフィルムコンサートっていうのが
開催されていた。

まだまだ家庭用ビデオも普及しておらず、
映像的情報の極めて少なかった洋楽アーティストの
動く画像情報は,とても貴重だったから、
私は,どんな用事に優先しても、その会場に
足を運んでいたように思う。

イベントには、一応「区割り」というのがあって、
今月はA社、翌月はB社….という具合に、
各社の宣伝マン及びスタッフがやってきて、
自社保有アーティストのPVまたはライヴ映像などを、
宣伝を絡めて上映する仕組み。

さすがに人気コンテンツを多数保有しているレコード会社
=CBSソニー、ワーナーパイオニア、東芝音工…なんかの開催回は
座席も確保できないほどの満員御礼の大盛況なのだが、
言っちゃあ悪いが、そうではないレコード会社の場合は
相当に悲惨…。

しんがりと云うか,確か一連のこのイベントの最終回の会社が
「クラウンレコード」…。

演歌とか、我々に最も近い線では「かぐや姫」とか「イルカ」…。
洋楽はまったくイメージできない会社ゆえに,入りも酷かった…。

良く分からない「ディスコソウル」の映像を延々と見せられ、
それでなくてもまばらな客席は益々悲惨な状態…。

ところがだ…突然始まった掟破りの「邦楽」のライヴ映像に
私は強烈な衝撃をうける…。

細野晴臣さんと、噂のTin Pan Alley!
横浜中華街・同發新館でのライヴ…。
(たぶん私は本館しか行った事がないが、広東料理で有名な店だ)

同氏は近年も中華街ライヴを再演して、DVDまで発売してるらしい。

なにしろ当時高校生の私には,超ド級の驚きと、影響を受けた
映像であり,以後何百回と足を運び,一時は住もうとさえ思って
二度も何百万円っていう手付金をぶち込んだが,結局実現してない
憧れの街=横浜市中区山下町界隈…。

その発端は,高校生の頃に体験した、まさにこの映像にあるわけです。

さて、この曲のオリジナルは確かポーギー・カーマイケル(...と記憶してるが?)
実にいろんな人がカバーしてる。

細野さんのは、たぶ後年のYMOなんかも
その構造的ヒントとなっている「マーティン・デニー」の
ヴァージョンにあるような気がするけれど、マリンバを入れたり
東洋的エッセンスを強調するスタイルは、確かにデニー風だが、
唄い方はカーマイケルによる異国情緒がほのかに薫るジャズスタンダード…。
その辺りの一筋縄ではいかないところも,ヤッパリ細野さんらしくて…
なにしろ凄い!

私も、よくこの歌を弾き語りで唄ったりしてた事があるけれど、
まあなにしろ…途轍もなく...ウケなかったなあ(笑)…!

細野晴臣/TIN PAN ALLEY - 香港Blues


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

4 Comments

ギターマジシャン says..."レア映像"
どういう経緯で映像が残っていたのか、外タレにしても国内ミュージシャンにしても、これだけの名演のライブ盤なのに、なんで映像がないんだというのが多い中、よくカメラを入れていたなと思います。

鈴木茂、林立夫は映像で確認できますが、ベースは誰が弾いたのか、細野氏の代わりなんて、プレッシャーでは?
2017.03.28 19:15 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん まいどです"
ベースは,ハックルバックの田中章弘氏ですね。
ホーンズには村岡さんの一座、茂外也さん、
Kbは博さんにアッコちゃん...ってな布陣ですね。

まあなにしろ、こんな音楽,バンド,そしてライヴが出来たなら…
って、自分の指針と云うか,目標になったのは確かでしたね。
2017.03.28 20:26 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."フイルムコンサート"
フイルムコンサートって懐かしい言葉ですね。
初体験が立教で見たビートルズのシネクラブのフィルムコンサートでした。
タッカーホールって言ったかな超満員立ち見。
日本のフィルムは中津川フォークジャンボリー初だったと・・・。
今のブルーレイ・DVDの時代じゃ考えられない催し。
でも熱心、熱かった気がします。
細野さんのフィルム残ってるんですね。
蛇足ながら
クラウンと言えばムーンライダースかな?
2017.03.30 21:55 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん まいどです"
友人は,有楽町フードセンターにあったLo-Dプラザ(!)で開催されてた
ものに毎週行ってたらしいです。

中学の時に,次回はレッドゼッペリンのフィルム上映!
ってアナウンスされたら、なにしろかつてないほどの大盛況….
ところが上映されたのは、コミュニケーションブレークダウンの例の
Zepは動かないのに、カメラのズームだけが派手に動く公式(?)プロモ…。
あわや暴動寸前と云う感じでしたかね(笑)!



2017.03.30 22:54 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/857-7bf9a157
該当の記事は見つかりませんでした。