ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

あきらめの桜

DSC09907あ
Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)

いやあ…分かってはいたはずなんだ...
今年の桜は無理だよなあって。

あんまりにもカラダがきついから、
自分で119番に電話して救急車呼んで、
その後、病院のあの殺風景な集中治療室のベッドで
これまで経験無いような、宇宙飛行士みたいに
大袈裟な風体の酸素マスクを被され、
そりゃあもう、容赦ない凄まじい酸素嵐に
喘ぎ、なかば溺れながら、
ああこんな事になっちゃったら、ヤッパリもう…
無理なんだな、今年の桜…。

半月後、無事釈放(?)されて、
んん...もしかしたら….?

そう思って、ふらふらと左右に揺れるカラダを
ヤジロベエみたいに均衡とりつつ、
一縷の望みを託しつつ、とぼとぼと、
近所の児童公園に出掛けてみるものの、
ああヤッパリ…本年の桜は…染井の吉野は...

打ち止め終了…。

そりゃあそうだよなあ。

誰も責められない…
ポンコツなカラダの自分が悪い。

かつて、一日に50本もの煙草を吸い続け、
ほんの一時期とはいえ(10年くらい?)
毎晩、よく呑み、よく遊んだ。

そんな馬鹿みたいな生活のツケが
50歳を過ぎて一気に、
カラダに跳ね返ってきたような、
そんな感じ。

まさに自業自得。

ああ、初期化したいなあ….
このポンコツなカラダ…。



中2の途中に、

「Morris持てばスーパースターも夢じゃない!」

っていう、私の時代は確か、かまやつさんが宣伝してた
キャッチコピーをそのまんま真に受けた私は、
駅前の楽器屋に鎮座する、1万円のMorrisがとっても欲しくなって
親にねだるのだが、ナカナカ買ってはもらえず、
結局、様々な縛りと云うか、過分すぎる約束を取り付けられつつ
やっと買ってもらえた大事な大事なフォークギター。

しかし、私のモーリスは、弦高がやたらと高くて、
テンションもきつい…早い話が、ハズレの個体。

指先から血を滲ませながら、相当に痛い思いをしてギターを
習得していったのだが、てっきり、みんながみんな、
そんな痛い思いをして上達して行くんだろうなあ…
ガマンガマン….と思っていたら、
どうやら苦労したのは、単純に楽器の個体差…

それを知ったのは随分後日だったように思う。

ともあれ、基本的なコードフォームを覚えた頃に、
たぶんクラスの女子が持っていたであろう、
芸能雑誌の明星か平凡か忘れたが、その附録の歌本に掲載していた
この曲を、得意満面に歌い上げる、お化粧こそしてないけれど
すっかり気分はデヴィッドボウイな中坊の私であるのだった。

今聴いてもね、病身なのに、血湧き肉踊ると云うか、
大声で放吟してたら(殆ど歌詞も覚えてる!)、
またクラクラきちゃったゼ(笑!

David Bowie - Starman


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

8 Comments

バニーマン says...""
ボウイはそれほど詳しくはないのですが、とらえどころがないです(^_^;)
ジギーのころでも、お化粧と言う点を除けば、サウンド的には、けっこう
フォーキーというかディラン的な雰囲気というか、所謂ロックン・ロール
というイメージからはちょっと違うな~!?なんて中学生は思ったりしたものでした。
2017.04.29 19:52 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."バニーマンさん まいどです"
大本がR&Rではないところが、とらえどころがない奥深さ….
そんな感じなんでしょうかねえ!?

この曲も改めて聴くと、ディランって云うより、
むしろドノヴァン的な、随分と変てこな曲ですよね。

このころは、ボウイとロキシーが凄く好きだったんですけど、
後年、ボウイとロキシーのEnoとが組んだことで、
ベルリン3部作に結実するわけで、音楽の進化の過程っていうのを
我々はまざまざと見せつけられるわけです。
2017.04.29 20:30 | URL | #- [edit]
ギターマジシャン says..."スターマン"
アコギの伴奏がメインなので、本当、フォークに近い感じで、ギターソロも、すごくポップで、売れ線という感じです。

それでも、歌い方は独特なもので、ブライアン・フェリーはこうしたボウイを真似たのか、もともと同じようだったのか、後の高橋幸宏は完全に意識していたでしょうが。
2017.04.29 21:45 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん まいどです"
ギターを始めて、まずコードを覚えて、ポロンポロンと伴奏して唄い、
次の段階は、ミックロンソンのエレキのオブリやソロを探求しつつ、
最後はベースラインを学びーって具合に、曲の構造と云うか、
成り立ちをどんどん吸収して行くわけで、そういう方面に面白味を
見つけていってた子....そんなヤツでしたよ(笑)。

まあ、ブライアンフェリーはクリムゾンのオーディションで、
Bozに破れたオトコ….ですから….。
2017.04.29 22:51 | URL | #- [edit]
ぽん says..."桜とギター"
お帰りなさい。という表現でいいのでしょうか。
また、ブログが更新されはじめて、うれしいです。

今年の桜は、お天気との相性があまり良くありませんでした。
強風で花びらが痛んだり、青空が少なかったり・・・。
次回、ばっちり撮影してください。

このエントリーを読んで、
私の知り合いの舞茸取り名人が秋に入院してしまって、
キノコ採りに行けなかったことを
すごく悔しがっていたことを思い出しました。
その時も、「来年行ってきてね。」
「そしておいしい舞茸を私にたくさん食べさせてね」
という会話を交わしたのを思い出しましたよ。

この次は、素敵な桜の写真を見せてくださいね。

ちなみに、私の時代のモーリスは谷村新司でした。
その言葉に乗せられて、
弟とお小遣い出し合って買いましたよ、ギター。
結局、持ってかれましたけどね。
この話も、思い出しました。

ゆるゆると無理せずに浮上してください。
2017.04.30 00:01 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ぽんさん まいどです"
おはようございます

ぽんさん、心配していただけるのはとても嬉しいんですけど、
まずはぽんさんのブログ、何とか再開してくださいな!
ほぼ毎日、ブックマークで開いては溜め息…
「どうしちゃったんかなあ?」って、結構辛くて悲しいっすよ!。

去年の夏も、そろそろ竿燈が始まるぞって頃に、いい歳こいて
盲腸が破裂して入院して、今度は桜でしょう....ですから、なんだかね
人生の中でやっと覚えた、外に出掛けて物見遊山して写真まで撮るって
楽しみが、一気に奪われてしまったような、そんな敗北感に
見舞われたりしてね...今までの人生では、どっちかって云うと、
暇があれば寝ていたい...って心境とは折角逆になれたのに、
全く人生なんて…って思いましたよ。

ギターとサッカーの中坊時代ですから、指先はいつもガビガビ、
膝と肘はいつも半生のカサブタだらけ…今の中学生はもうちょっと
スマートなんでしょうね...ギターの覚え方も随分合理的になってるようです。







2017.04.30 08:20 | URL | #- [edit]
ぽん says..."う・・・・っ(汗)"
そうですよね。
ブログ放置状態ですものね。
最近、インスタに浮気しておりました(汗)

ブログもそろそろ、頑張ります。
エールを送るつもりが
叱咤激励されるとは・・・(笑)

気持ちが元気なことを確認できてうれしい。
あとは、耐力を取り戻してくださいね。

2017.04.30 12:30 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ぽんさん まいどです"
イヤイヤ、季節も良くなってますから、そろそろどうかいなあ??
ってわけでしたが、あれあれ、早速更新されてるようですね! 
偉い!さすが!....というわけで、楽しみにしてますのでこの調子で、
どうか一つ!なんてね。

却って失礼しました。ごめんなさい!。
2017.04.30 20:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/866-f68879aa
該当の記事は見つかりませんでした。