ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

温故知新

DSC05170あ
Leitz - ELMAR 9cm/4(1936)

昭和11年製ライカ独特の「くすみ」を、徐々に徐々に…
楽しめるような、そんなクスんだオヤジに近頃なってきた(笑…。



私のiPhoneは、来年いよいよ10年目を迎えるが、
未だ現役…。

もはやアプリに対しての反応は鈍いし、バッテリーも、
フル充電状態で、家人と2時間も話したら、
赤いカラータイマー(?)がピコピコ点滅するようなウルトラマン状態で、
相当痛々しいのだが、何故だがあのスタイリッシュなデザインは、
ちっとも古さを感じないし、本体も、頻繁に地面落下させている割には、
素材的に、傷らしきものも見当たらない、ある意味とっても不思議な…

モノとは「かくあるや!」

という、とても洗練された製品だったなあと改めて思うから、
ナカナカ、買い替えって気が一向におこらなかったりするのだ。

ところがウワテが居た…我が家人…。

遂にあのドピンクなガラケーが壊れたらしい!。

ずっと愛着を持って大事に使ってたのは知っていた。
メアドが未だにvodafone.ne jp (!)で、いつも驚かれ、
笑われてる…とも聴いていた。

しかしメールと通話の通常使用には全く支障ないから
今のままで充分! LineとかTwitterに支配されてる若者が
羨ましいとはちっとも思わないし、何か機械に始終見張られてる
みたいで、気の毒にも見える…。

そういって、新電話購入を永く拒んでいたけれど、
遂に画面にヨコシマが現れて、使用不能になったらしい。
(それでも、修理できるならして欲しい、そう訴え続けたらしい)

電話屋にそのVodafoneのムクロを持って行くと、
従業員達は、博物館の展示品を観るように集まってきて、
なんとそれは、日韓ワールドカップが開かれた
2002年製…だそうで、実に15年モノ。

もしかしたら当店では、新記録かもしれない!

などと、やっぱり笑われたんだそうだ…。

ただ、そこで困ったのが、彼女の電話も私の電話も、
どちらも私の名で契約していたから、東京にいる彼女が
勝手に機種変できない状態(私の委任状が要るのと、
身分証明書の「原本」が必要?そんなはずないだろう?
コピーで充分だろ?!いや規則ですから…の、電話での私と押し問答)
その結果、彼女は彼女自身の契約で新規契約をすることにした。

彼女の15年と、私の9年で、貯まりに貯まったポイントを
1点も使えずに…。

たかだか電話の話だが、何だか様々、一つの時代が終わったような、
そんな一抹の寂しさを、感じる結果となった。

と言いながらだ、あの日以来、スマホデビューした彼女から、
Twitterやろうよだの、Lineやろうだのホントにうるさい!。

もうちょっと大人らしく、意地があるなら意地を張り通してみろよ!
と、私は言うのだが、「だってみんなやってるよ、愉しいよ…」だって。

家人には言えないのだが、超大昔にね、少しだけ...ほんの少しだけ...
付き合ってたカノジョが、大学のサークル絡みで、
お決まりの宗教団体に誘われててね、絶対入るものか!
って言ってたのに、いつの間にか取り込まれてしまっていて、
ある日突然、彼女の口調がガラッと変わってしまうって事があって、
何となく、それで駄目になっちゃったんだけど、
まあそこまでじゃあ全然ないけれど、なんだかね、
トラウマ的になってるのかもね…

突然の宗旨替えにビクビクと、異常反応してしまう自分…。

ちなみにだが、家人の旧機種分の解約を至急行わねばならないが、
秋田市のSoftbank…近場の店舗がいつの間にか無くなってしまっていて
あれあれ、何処にあるのさ??ソフバやーい!



アルクーパーが大好き!って人に、ナカナカ出会わない。

たぶん、その実体が掴めない人というか、掴まれてたまるか!
バッキャロー...なんて人なんじゃないかなって思う。

で、自分が好きなアーティストに共通してるのは、
そんな…頑固と云うか、一筋縄では括れない人…って言う、
そんな感じ…お分かりいただけるだろうか?。

アルクーパーなら、やっぱりJolieのゴージャスサウンドが好き!
とかI stand Aloneが好き、いやいや、やっぱりBS&T時代の
I Love You More Than You'll Ever Know に尽きる!。
ブルース時代もなかなか….!?そんな感じでちっとも
意見がまとまらない。それこそが、彼の魅力なのだなあって、
そんな気がする。

今日のこの曲は、中学生のアタマくらいに、ラジオで良く掛かってた
気がする、たしかジョンプラインっていうカントリー系の
シンガーソングライターの唄だったなって、とっても薄く
記憶にあるけれど、結局はアルクーパーの唄!として、
はっきりと、上書きされている、とっても好きな曲。

Al Kooper- Sam Stone


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

6 Comments

バニーマン says...""
アル・クーパー!
彼を好きという人は、僕のまわりには一人もいません。
いや、いるかもしれないけど、彼のレコード(CD)を
持っている人、見たことがないですね・・・(^_^;)

実は僕は彼のCD、持っていますが、あんまり聴いていないです。
今調べたら、二枚も持っていました・・・
“I Stand Alone”と“Naked Songs ”ですね。

彼の大ファンは渋谷陽一ですよ(笑)
2017.07.28 10:44 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."バニーマンさん まいどです"
いやいや、さすがバニーマンさん!肝の2作をしっかり押えてらっしゃる!!
もはや、立派なクーパーファンではありませんか?!

自分も実は無自覚に、いつの間にやら、ブルースプロジェクトの3作にはじまって、
(たぶん)コンプリートしてますけど(コンピも入れて19作ありました)、
正直未だに稀に聴くのは、その2作!っていうのが実情だったりします。

渋谷氏は、むしろ「アルクーパーに(顔が)似てる」と言われて、
シンパシーを感じるようになったって言ってましたよね。
2017.07.28 14:18 | URL | #- [edit]
つかりこ says..."こんちはー"
僕もいまはガラケーでっせ。
仕事でiPadが必要になってから、
電話機は通話専用にしちゃったんです。
iPadは、iPhoneとOSやアプリがほぼ同じなので、
iPhoneのすごさはけっこうわかりますよー。

これで奥さまやお子さんと、スカイプもできますねー!
あ、PCでもう使われているのかな。
2017.07.28 16:46 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."つかりこさん まいどです"
私も、今のiPhoneが完全に壊れたら、ガラケーに戻りたいなあって思ってます。

何故だかプロヴァイダさんから、アンドロイドOSのタブレット端末を戴いたんですが、
何となく愛着がわかないまま、全く使わぬまま、どこか行方不明になってます。

ですからPCを使う!より、Macintoshを使う。スマホじゃなくて、iPhone。
そしてたぶん、タブレットじゃなくてiPadって云う感じの、全くもって
「感じ悪〜いヤツ」…ってことになってます。

スカイプどころか、ショートメールだけでも、子供には、「今忙しいからっ!」
ってウザがられてます…。
2017.07.28 20:31 | URL | #- [edit]
ギターマジシャン says..."クーパーセッション"
以前の記事でも書きましたが、自分にとっては、アル・クーパーは、ブルースプロジェクトの人で、マイク・ブルームフィールドとシュギー・オーティスを世に送り出してくれたプロデューサーのイメージが大です。

フィルモアの奇蹟のマイクの名演は、クーパーのボーカル、オルガンがあってこそですし、何より、あの名盤がなければ、マイクも一部に知られたブルースの達人で終わっていたかもしれません。

そして、無名に近い少年、シュギー・オーティスの発掘も素晴らしく、「クーパーセッション」の冒頭、どんなギターなんだろうとワクワクさせる入り方でした。(このアルバム、近所のレコード屋で注文したら、最初、スーパーセッションと勘違いされました)

もちろん、BSTも後のシカゴのブラスロックに続く、偉大なバンドですし、「アイスタンドアローン」「赤心の歌」は名盤リストに載ってくるし、やっぱりとらえどころがないかもしれません。
2017.07.29 10:28 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん 毎度です"
シュギーオティスは、結局ギター弾き(ZappaのHot Rats(69)ではベーシスト!)
というよりも、優れた作曲家として後年、名を馳せるわけで、70年代後半は
彼はただのギタリストに終らないところがグレート!なんて特に英国の
NW界で尊敬されてましたね…しみじみしみじみ…。

アルクーパーの本質がいったい何処にあるのか.私も分かりませんが、
ただ近年の彼の新作を聴くと、やっぱり「赤心〜」あたりの世界観に
満ちあふれているのが分かります。この辺りのゴージャスなサウンドは、
恥ずかしながら、高校生くらいの私は、とてもリッチなストリングスやブラスや
コーラスの賜物と勘違いしていたのですが、今の耳で聞くと、オルガンとコーラス
だけなんですね!。見事に、そして華麗に騙されてましたよ!

2017.07.29 12:47 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/900-dda2583c
該当の記事は見つかりませんでした。