FC2ブログ

ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

老いても子に従わない親

DSC08653a.jpgCarl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)

遠近両用眼鏡を普段はしてるんだけど、最近どうも
遠も近も、僅かだが改善されてきたみたいで、それ自体は
歓迎すべきなのだろうが、取りあえず眼鏡が合わない。

仕方がないから、以前よりはるかに度の弱い老眼鏡を
購入して、随時使えるようにして持ち歩くのだが、
絶対に必要不可欠な局面は、まさに写真を撮る時…。

ピントの山(ピーク)を見定めるには、まさに正常な視力…
というか、老眼鏡は必須なのだが、この日はうっかり不携帯…。

ピントが一体何処にきてるのやら…殆どアテズッポウ…。

でもそれはそれでなんだか不思議な絵が撮れたりするから
手動ピントリングぐりぐりの古臭いレンズも面白いよ。

....と、言うふうに、単なるピンぼけ写真にも、様々、
能書きをくっつけられるのも、マニュアルフォーカスの利点
でもあるのが、本質かもしれないね!



今年になって遂にというのか、母の記憶障害というか
素行に違和感を感じるようになったのは、以前もここで
お話しした…。

その障害がどうも、金銭面に集中して現れているようなのだ。

なにしろ本年だけで、何度財布を無くし、現金は仕方ないにしても
通帳もキャッシュカードも立て続けに紛失している。

様々、なるべくシンプルで明快、慣性に即した対策を
講じてみるのだが、一向に聞き入れられず、普段の習性からか、
必ず財布にそれらを挟み込んでしまう上で、その財布を...
或いはバッグごと紛失…。その繰り返し。

というわけで、もう銀行さんにも半ば呆れられているが、
もう何度めかの再発行を願い出ているほどだ…。

先日もやっと新しいカードと通帳が届いて、ヤレヤレと思いつつ、
母は諌んで近所のキャッシュディスペイサーに…。

ところが、新しい暗証番号を忘れ、以前の番号を…あれ?
おかしい?というわけで数回これを繰り返すと、
カードは自動的に作動停止にされ、停止解除どころか、
またしても再発行という事になるらしい(そこでまた暗証番号が変わる)。

ここまで夥しくカードが、イヤ、暗証番号が変わってしまうと、
老人の記憶バンクは、もはやパニック状態らしい。

かといって、暗証番号をカード本体に書き込むわけにもいかないから、
さて銀行サン、お願いだから、指紋認証でも顔認証でもいいから
有効な高齢者対策導入…急いでお願いしたいです。

さて、先週、再々発行されたカード…今度は何をどうしたか、
全く機械が反応せず…今度は磁気データのトラブルで、使用不能…
結局またまた再々々発行…。

間が悪いときって、そんなものなのかな??



まっ…クリスマスだしね。ニックロウおじサンも相変わらず
ご機嫌だし…何はともあれ、めでたい事は祝おうではないか!

このニックおじさんもね、若い頃からいくつもロックバンドを
建ち上げて、ブリンズレーシュワルツ結成の時にやっと
好機来たり!、いよいよスターダムにのし上がるぞ!
なんて焦って、上手い話に乗ったら、まんまと詐欺に引っ掛かって
(架空の全米ツアー!)、財産すっかり無くしたり、
バンドマンの裏ビジネスまでセッセと手を広げながら
お金を貯めて、「時代はパンクだぜ!」ってパンク専門レーべルを
建ち上げたら、めでたく小成功? 今度は深追いせずに
すぐに売っぱらって、自分もバンドマンに戻ってロックパイルで
音楽活動再開! 時流に乗り遅れるなあ!....。

念願のスターダムにのし上がり、カントリー界の大御所
ジョニーキャッシュ(!)の娘で歌手のクラレンスカーターと
結婚するも…(!?)。

単なるヘラヘラニコニコジジイに見えるかもしれないが、
このオヤジ、なかなかの苦労人だったりする…。

愛すべき苦労人の、いつもながら王道ポップなクリスマスナンバー!

Nick Lowe - Christmas At The Airport [Uncovered Sessions]


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



2 Comments

ギターマジシャン says..."ニック・ロウ"
弾き語りで聴かせる演奏、それも指弾きのストロークで、実に見事です。

それにしても、老けたなあ、自分も年を取るはずだ、なんて、いつもながらの感想ですが、自分はレイバーのジャケットの長髪イケメンのイメージが強いので、いつのまに淀川長治やトゥーツ・シールマンスになってしまったのだと、ちょっとショックです。
2017.12.22 23:01 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん まいどです"
真摯にギターに向ってらっしゃるギターマジシャンさんにはとても失礼ながら、
自分的には、ギターはこれくらい弾ければもう充分....!ってな心境に
30歳くらいで達観(?)してしまいました。アコにしろエレキにしろ、
気持ちよく和音が響いてくれれば、それで良いじゃん...って...駄目ですよね?

「恋する二人」入りの「レイバー・オブ・ラスト」は、考えてみればもう40年近く前の
アルバムですから、まあ人は等しく歳をとるものですよ。
2017.12.22 23:23 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/965-8b70751e
該当の記事は見つかりませんでした。