ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

一枚の写真

WORLDCUP-KASHIMA-01.jpg

2002年ワールドカップ日韓大会。
私にとってこの鹿島スタジアムでのアルゼンチン対ナイジェリア戦が
唯一の観戦試合となった。
ちなみに偉そうにカメラ目線で堂々と写ってるオッサンは全く見ず知らずのヒト。
当時既に時代遅れになっていた230万画素のコンデジカメラを持参し、
スタジアムにやっとこすっとこ辿り着いて(やたら遠かった!)
まずパチり!
しかしこのショットを最後に、デジカメは以後ピクリとも動作しなくなった。

何もこんなときに….。

すっかり意気消沈したままスタジアムに入場し座席につくやいなや、
不覚にも私は居眠りをしてしまい、試合内容はほとんど記憶にない。

この前年に私はサマザマぐるぐるゴチャゴチャなイキサツの末、
ヘッドハンティングなどというにはオコガマシイレベルの小規模な話ながら、
同業他社に副社長待遇で参画する事になった。
10歳年下の社長に「アナタと仕事するのが夢でした。」
「是非アナタがかつて見たという業界の頂上を私にも見せてください」
「待遇はご希望通り」とか、とにかく熱心かつアマーイ誘いだったが、

入ってみたら「殆ど奴隷」だった。

40歳を過ぎて初めての体験となる朝7時の、
噂に名高い通勤”地獄”電車。
しかも新宿で山手線に乗り換え…命からがら会社到着。
そして帰宅は毎日決まって

深夜0時25分の終電車。
家に着くのは1時半。
大晦日は終夜運転=「今日は心置きなく働けますね!」と言われた...。
休日は基本なし…

超独善的で病的に金の亡者なワンマン社長(見抜けなかったぁ…)から、
朝、突然通勤電車中に電話がかかってきて、

社「今日は休んでかまわないです…」
私「いやもう会社到着寸前だから、休日は明日にまわしてもらいたい」とするが、
その明日はさらに一ヶ月後だったりする。

そんな中、数ヶ月前からこの日の為に幾多の努力を重ねて休日を勝ち得たのである。
ところが…このザマ。

交通の便も悪かった。
JRは特別臨時ダイヤを編成する!という事だったが車両は普通の通勤電車。
途中停車して乗り込むヒトはいても、目的地は同じ鹿島だから降りるヒトがいない!
そして2時間半のすし詰め….さながら難民か俘虜の移送列車状態。
強烈に眠い、暑い、電車の通路に外人も日本人も座り込み、
何故だかやけっぱちのオレオレ大合唱。
やっと終点鹿島神宮駅に到着したものの、スタジアムまではバスでピストン輸送。
これがまた当然ながら大混雑…
待ちきれず歩く人々も多いが、道中は軽い山道徒歩30分。

=むろん徒歩で大森山の麓から動物園を越えて頂上へは向かわず
浜田浜に抜けたらいよいよスタジアム、そんな感じ。

とまあそんなこんなで愛(?)と苦悩と寝不足の時代のワールドカップの記念が
このたった1枚きりの鹿島スタジアムショット…であるわけでした。

残念!

スポンサーサイト

2 Comments

朴狸 says..."あらら~"
あらみてたのね~…って、好きですな!

竹中さんちかな?たばこ…
昔は喧嘩始まったら、各町内のいかついお兄さん達に囲まれて、死ぬまでやれっ!って…
ビビッてコソコソ居なくなってたっけ、もう白髪だらけ、でもつおいお爺さんたち健在!

ちぐはぐな風体もどこかに昭和見え隠れ、祭りっていいなぁ…
ぁ、銭湯が恋しくなっちゃいました、(そういえば昔駅前にナイキ会館なんて…^^;)

今度は竿灯でお出ましですか?良い取材を!
2012.07.22 20:39 | URL | #YDOxSa4Y [edit]
pipco1980 says..."朴狸さん"
師匠、毎度っす。
そうですね、いよいよ真打「竿燈」になりますね。
去年思い知ったんですが、秋田市内はこれが終わると「あれ?」ってほど何もなくなって
折角散歩カメラ始めようかと意気込んでいたのに肩すかし!
ですから今年はヒマにまかせて出来るだけあちこち顔をだそうと....
懸命に出張ってるわけです。生まれて初めての西馬音内盆踊りなんかも計画中です。ツアーバスで.....。
2012.07.22 23:38 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/99-2ab7f292
該当の記事は見つかりませんでした。