ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

インギン無礼なスーパースター

DSC04819.jpg
Leitz - Summar 5cm/2 (1937)

高校生くらいの頃は、生意気にもイッチョマエに
「サリンジャーはもう読んだかい?」とか
「カミュは?バロウズは?ミシマは?」
「えっ、イツキヒロユキ?なんだそれ??」

なんてね…大して理解もしてないくせに、
精一杯の虚勢で「あとがき解説」を頼りに、
駅前商店街の喫茶店で、熱く語り合ってたりしたものだが、
自分は本当のところ、その頃は、安部公房の世界観にハマり、
どっぷり浸かっていたりする。

ただ初めて触れた彼の作品が、国語の教科書に収蔵された
「魔法のチョーク」だったから、すぐに同作が含まれる
短編集「壁」を購入し、S.カルマ氏に大興奮しつつ、
読み耽るのだが、いかんせん出典が「現国の教科書」…

だから恥ずかしくてヒトにはいえず、
本屋で周囲をきょろきょろと見回し、
知り合いに見つからないことを充分に確認しながら、
こっそりひっそり彼の文庫本を買い漁るのだった。

数年して、私は上京し、煙草を吸おうが、酒を飲もうが、
誰にも咎められない、自由な「学生」という立場を謳歌し、
嬉々としてライヴハウスを廻り、達郎さんを含む
ティンパン周辺の方々や、諸々ジャズ屋さんなんかを、
集中的に追いかけてみたり、ぴあを片手に名画座や
小劇場を巡ったりしていたのだが、もちろん渋谷の
「安部公房スタジオ」も何度か訪問した。

彼の戯曲は、さらに難解で、自分勝手には
容易にその世界観を構築できないから、
実はあまり得意ではなく、そのせいで頻繁に通うと
いうほどではなかったけれど、それでも何故か
いつも切符売り場にいて、さらに入場の際に
その切符を笑顔で愛想良くモギってくれるのが、
あの山口果林さんで、それだけで結構ドキドキしてた…

もちろん安部公房ご当人も、何度かお見掛けしたけれど、
まだ未成年の、とても幼い視線からは、単純に
居丈高で慇懃無礼なオヤジに見えて、
少々がっかりもしたように思う。

結局彼は68歳でなくなるが、あと2~3年も長生きできていたなら、
確実にノーベル文学賞を受賞していた!...
というようなことを知った頃は、自分はもうゲスなオヤジたる
中年期に差し掛かろうとしていた。

もう一度、キチンと読み直してみようかな…。



アラン・ホールズワースが亡くなったらしい…。

およそ人間離れした彼のギタープレーに、初めて驚愕したのは、
高校生の頃聴いた、ソフトマシーンの「収束(Bundles)」って新作アルバム。

「えっ?ソフツって未だ存続してのかよ??」

「すっげえギタリストが入ったらしいよ!」

「へえ〜…そうなんだ…?」

そんな素っ頓狂な会話があったのか無かったのか、
正直。良く覚えてないけれど、いずれにせよ、
まさに驚愕のギタープレー!

何でも感動したものは吸収せずにはおれない、
生まれついての習性から、彼を勝手に師と仰ぎつつ、
ただひたすら物真似に興じる阿呆な高校生であった。

やがてソフツとは兄弟バンドみたいなGONGっていうのに
彼は加入すると、そのプレーは益々研ぎすまされ、
剛球一直線から、軟体動物のようなしなやかさを
兼ね備えた独特さで、危険度が増すのだった(?)

GONGで彼が参加した2枚のアルバム
「ガズース」と「エスプレッソll」は、未だ私の心のバイブルでもある…。

やがてプログレ好きの友人と、いつも銀座アマンドあたりで
深夜まで語り合うのは、キングクリムゾンが最後の最期、
一瞬だけ、キラリと、もの凄い閃光を放った瞬間。

つまり、ウェットン+ブラッフォード+エディジョブソン…
そこにもしもGONGのホールズワースが加わったら...、
そりゃあもう、驚天動地な、もの凄い化学変化が
起きるんじゃないのか??

そんな妄想話だけで、馬鹿みたいに興奮し盛り上がってた
おめでたい青春時代でもあるのだ…。

ところが、すぐにそれは現実のものとなった…。
それがU.K…。

さすがにスタープレーヤーの集合体だけに、
各自のポテンシャルは、やや抑えめに思えたのだが、
我々にはもう充分に、凄まじすぎる破壊力の作品だった。

アラン・ホールズワース…彼ほど上手いプレーヤーは
たぶん他に居ないけど、上手いだけじゃあ…
.ダメなんだなってことも、故人にはとても失礼な話だが、
分かってしまった。ある意味反面教師でもある彼…。

ご冥福を祈りたい。

U.K. - In The Dead Of Night


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

ノンビリも意外と辛いのだよ

DSC04372.jpg
Leitz - Summar 5cm/2 (1937)

何だか、古くって、湿ってて、傾いでる風情が、
今の自分みたいで、妙に悲しい….。

おかげさまで体調は、体力気力ともに日々戻りつつあります。

ただ、一日のうちに、何の前触れもなく突然とスイッチが入り、
とても厄介で、憂鬱な気分になる目眩だけが、とってもイヤ。

これがだいたい、散歩にでも出かけてみようかな…とか、
ちょっと家の手伝いでも…なんて思う矢先に来るものだから、
とても困る。

多分に精神的というか、メンタルに直結してるのだろうか?
と考え、あまりきっちり予定を立てずに、自分を騙しつつ、
何となく、思いつきで、様々動き出すようにしようか!?
とも思うのだが、目眩のスイッチは、それを上回る素速さで
玄関で靴を履くちょっとの時間で「ああ…入っちゃった…」
って感じで、前後左右に激しく体が揺れ始めるのだ…

そんな最近の情けない近況だけれど、相変わらず、音楽と
ラジオと活字に救われている。

テレビは、映像がどうこうというより、複数のヒトが
いっぺんに叫ぶようにガヤガヤと話し出すので、
なにしろ騒がしくて頭が痛くなる。

朝から、ヤケに好い人な伊集院のラジオ…。

案外不安定なくせに、堂々と人生相談をやる40代女性の
未成熟な解釈が痛快なジェーン・スー女史の番組…

それだけで終わる午前中なのに、何故だか幸せな気分。

入院中、病室では、いつも朝からイヤホン越しに
ニヤニヤしてるので、ちょっとコワモテの看護師さんには、

「元気なら、率先してリハビリしてくださいよ!」

などとイヤミを云われることもしばしば…
イヤ...当人の早期回復のためだね…失敬失敬!?

午後は音楽を聴きながら、読書という時間。

今回は院内文庫で何故か揃っていた、
「中森明夫」というヒトの小説を重点的に読むことになって、
退院してからも、盛んにアマゾン経由で同氏の作品を購入している…。
奇想天外な着想と、それに伴う膨大な情報力/論理性が
.相当に面白くて、見事にハマったな。

...アイドル好きの高校生が、あるとき、パンクロックに魅了され、
シド・ヴィシャスに夢中になった。彼と会話したい一心で、
妖しげな「イタコの館」で、3000円を1000円にまけてもらって
降臨を願い出るが、シドヴィシャスの名前の横に、どういう人物か?
を書いてくれと云われて、「最強のアナーキスト」と書いたら、
なんと大正の無政府主義者「大杉栄」が降臨し、高校生の脳に
彼が取り憑いてしまい、アチコチで大騒動を巻き起こすというお話。
         ー アナーキー・イン・ザ・JP ー

まあそんな感じでノンビリなんだが、これが結構ハードな
毎日だったりする。
普通に仕事してた方が、よっぽど幸福なんだがね…。



デッドもね…自分はそんな熱狂的なファンじゃないよ…
デッドヘッズなんて、一種の偏執狂というか、
ロックの行き着く先の、ある意味、気の触れた連中。
自分がそんなの…おこがましいぜ!っていう、
変な自負があったけれど、輸入盤店で骸骨やバラをあしらった
見慣れないカバーデザインを見つけたら、
つい買ってしまうっていう、馬鹿みたいな病気(習性)で、
いつの間にか、ものすごい数の音源が、我が家に沈殿してるのだ。

14枚組とか、12枚組とか、長尺のハコ物が異常に多いから
全体数量をつかむことすら、難儀な感じ!

デッドの場合、コンサートは完全録音フリーで、
わざわざPAコンソールの後方に、アマチュア録音席まで用意され、
さらに「テーパー」と呼ばれる録音テープの交換、
自由な取引も奨励した。

昨今の「お前ら!テレビ番組のアップロードは犯罪だ!!」
...なんてセコいことはいわないのだ…!。
(DVD買って欲しいなら、それに値する良い番組作れよ!)

グレートフルデッド全2.350回のコンサートのうち、
2.200回分の良質なDATテープ(CD化されたものも多い)が、
裏・表問わずネット市場などで流通してるというわけだ。

デッドといえば、なんといってもサマーキャンプ
(今のフェスの走りだね)!。

自分も、いつかは1ヶ月くらいの夏休みをもらって、
アパラチャの山奥あたりでのサマーキャンプに、
リュックとテントを背負って参加して、
ゆったりした音楽に身をゆだねながら、ふんわりと紫の煙を…
なんてね、何となく憧れてたけどね…結局叶わなかったな…。
(それだけに、来日公演は不可能だったが…)

ほんの少し、自分に勇気があればね…。

無責任に1ヶ月も仕事を休んで、皆に迷惑はかけられない…
そんな自己規制の硬い殻を、自分自身に掛けていたような..。
少しの勇気で、そんな古い思考回路から抜けだせるぜベイベ!
って、大事なメッセージをデッドは盛んに発信していたのにね…。

ほんと馬鹿みたい!?

首領のジェリーガルシアは、とっくに亡くなっちゃったけど、
デッドの残党は、未だにこうしたサマーキャンプを
毎年行ってるようだけどね…。

さて曲の方だが、もういろいろ悩んだけれど、
やっぱり純粋に一番好き!というか、もう彼らには
黄金の72年(!)のライヴなら、間違いない!ってとこだろう。

こんなゆったりした演奏をいつかやってみたいなあ…が、
いつの間にか、こんなゆったりした時間、大きな音楽のうねりに
のんびり身を任せてみたい…そう思うようになった。

72年のライヴ…最強だ!。

Grateful Dead - Jack Straw


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

謝 辞

DSC04457あ
Carl Zeiss Jena 'Pancolor' 1.8/50 (Early-1970's)

今回のキッカイな私の疾病に関しては、
ブログ仲間の皆様にも、様々ご意見を賜りつつ、
痛みを抱える当人には、とても長い大型連休中にも
拘らず、適切な治療を受けることが出来、
最悪な状況を回避できたことに関して、
是非、皆様にお礼を言わせていただきたいと思います。

みなさま、ほんとうにありがとうございました。

皆様ご指摘の通り、持病の苦しみ、入院のストレス(?)等々
に起因する免疫不全による帯状疱疹!ということで、
連休中にも関わらず、然るべき治療を得ることが出来た為に、
危惧された角膜を傷つけることも無く、最も軽微な状態で、
既に快方に向かっているとのことで、安堵しております。

重ねていいます。ありがとうございました。



今朝も、連休明けで混み合う病院で
延々と順番を待ちながら、ヤッパリ聴いてた音楽は

Frank Zappa。

しかもザッパの全曲中でも、たぶん一番有名だろうベタなこの曲。

初めてこれを聴いたのは、高校1年生のとき。
実はかなり遅かった!...しかし衝撃の凄まじさは、
たぶん一生忘れることは無いだろう。

以来、ことあるごとにこれを聴き続けているから、
たぶん、他の何よりも、一番、回数聴いてる音楽、
何千回と聴いてる曲…ということになるはずだ。

LPはたぶん5枚以上、CDも4枚(4種類=ミックス違い)は買ってる…。
ああ、一度、典型的なコピー盤(アナログLP)も、
いかさまと承知の上で、おもしろがって買ったし、
この曲のシングルCDも、確か史上初のアダプター式
シングルCD仕様に、やはり初のゴールド仕様!だったはずで、
ヤッパリおもしろがって買った。

ザッパは、1968年にマルチプレーヤーのイアンアンダーウッドと
オーディションで出会い、彼のカラフルな演奏力に刺激されて、
音楽的に大きく飛躍を遂げる。

そういう意味ではアンダーウッドのおかげで完成したアルバムが
このHot Ratsというアルバムで、それまでの難解さが影を潜め、
実に分かりやすい、カラフルで華やかなジャズロックアルバムとなってる。

「クリムゾンキングの宮殿」っていうアルバムのタスキには
「あのアビーロードをトップから引き摺り下ろしたアルバム」
と書かれていたけれど(英メロディメイカー誌)、
その「〜宮殿」を、さらに一位から引き摺り下ろしたアルバムこそ、
この「Hot Rats」に他ならない。

しかしね…日本では実に、1980年代中頃のCD化発売に
至るまで、アナログ時代は一度も国内盤が発売されてなかった
アルバムでもあったわけで、なんだかね…ワーナーさんも
たぶん儲け損ねたと思う!!

では、Zappaでは一番売れたというわけではないけれど
曲として最も有名と思われるこの曲を….。

Frank Zappa - Peaches En Regalia


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

GWの受難

DSC05051ああ
P.Angenieux Paris Anastigmat 45/f2.9 (L) (1949)

たぶん野生化した(?)「ふじ」…。
太くて大きな1本の幹の、とても高いところから
まさに鈴なりにぶら下がっている。

ただならぬ感じの妖気が漂うこの様子には、
ヤッパリこのクセ玉…アンジェニュー…。

普通に住宅街なのに、なんだか雨期のインドネシアみたい…。



今年はどうやら災厄の年らしい。

先週、退院した直後から、酷い頭痛に悩まされていた。
頭の右半分に、キリキリした神経痛みたいな痛み。

しばらくすると、やはり右側の、
額とか頭皮の一部に腫れというか
タダレが出来て、触るととても痛い。
ちょっとした麻の暖簾に触れただけでも痛むほど。

頭痛と皮膚のただれに、何の因果関係があるんだろうか?
なんて思ってるうちに、状況は日に日に酷くなってきた。

ただれは右目の瞼の方まで降りて来て、
今朝、目醒めたら、しっかり目が塞がってしまっていた。

鏡を見ると、映画ロッキーで、試合で散々打たれまくった
シルヴェスタースタローンの瞼が腫れて塞がる、
まさにあんな絵面なのだ。

ネットで検索してみると、どうも神経内科の分野らしいが、
こうなると、GWというのが実に恨めしい。

心臓の方も相変わらずだから、病院に行く体力と云うか、
煩わしさみたいなもので、イマイチ勇気が湧いてこない。

どちらにせよ休み明けに、外来通院が入っているんだがね…。
うーん、片目はヤッパリ不自由だし、見た目も最悪!

どうしたもんかねえ??



永く生きていると、ヒトには少なからず、あまり自慢できない
思い出すだに恥ずかしい、イヤな過去…ってモノがあるようで、
それを称して黒歴史と云うらしい。

もちろん自分にもたくさんある。

ほんの少し思い出すだけで、ああやらかしちゃったなあ…
あれはもう、シャレにならないなあ…と、
なるべくなら、思い出さないように、心の奥深くに仕舞い込んだ過去。

でもね、そういうものが、数多ありすぎるのも問題だけど、
多少はあった方が、人間として深いんじゃないかな??
そんな風にも思う。

さて、ニック・ロウというヒト….。

確かにデビュー早々に大きな詐欺にあって、全財産を無くし、
まあ日本とは事情が違うようで、破産したからと云って
負債は自動的に消えるわけではなくて、あくまでも
返済し続けねばならないらしく、彼はミュージシャンとして、
もはやなりふり構わず、色々な事に手を染めた…。

バンドとしては、変名を語り、ビートルズカバーのシングルを連発して
少しでもセールスをあげようとした。

そして極めつけは、当時大人気だったベイシティローラーズの
人気に便乗したシングル…もうあの手この手で金をかき集め、
遂には、やがて来るパンクロックに目をつけ、レイダーズ(Stiff)
というレーベルを建ち上げ、エルヴィスコステロや、イアンデュリー等の
プロデュースを行い、まんまと成功する…。

まあ当人には一番の黒歴史だろうこの曲。
タータンホードという変名で出したローラーズショー…
ただ、とってもニックロウらしい、華やかなポップスに仕上がってるのは
もうさすがというしかない!。

The Tartan Horde - Rollers Show(愛しのベイ・シティ・ローラーズ・ショー)



そして実質ブリンズレイ・シュワルツが、やはり変名で連発してた
ビートルズソングの内の1曲。人懐っこいバンドのキャラが、
この時期のビートルズと共通していて、何だかワクワクする。
Lime Light ( Brinsley Schwarz) - Tell me Why


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

世は移ろうのだ

DSC02521あ
Leitz - Summar 5cm/2 (1937)

ごめんなさい。去年の写真です。

今は、近所のコンビニにパンを買いに行くだけで、
ゼエゼエハアハア&クラクラズキズキと、
命懸けの旅になります…。

一旦は抜けた筈の、肺に貯まった水が、
また貯まり始めてるんだろうか?

またオムツ&マスク生活(?)はイヤだなあ…。

前に盲腸で入院したのが昨年の8月だから、
別の科目とはいえ、1年と経たずまた入院となったわけで、
まあ我ながらとっても情けない。

結局3年間で3回も入院となったわけだが、
何となく気付くのが、だんだんだんだん…
男性看護師の割合が確実に増えているってこと。

男性看護師に関しては、特に女性の患者さんが
シモの世話を男性にされるのが、屈辱的だとか、
まだまだ問題があるらしく、前回までは、
あくまでも女性の看護師が主軸で、
男子看護師は女子看護師の補佐的な感覚って
感じに思えたのだが、今回入院してみて、
男性の仕事幅が、飛躍的に増えているなあと感じた。

風呂に入れないから、ほぼ毎朝ナースさんに背中を
熱いタオルで拭いてもらうのだが、まあ確かに女性の方が
嬉しいかな??って気もするけれど、ヤッパリ男子の力で
ゴシゴシ擦ってもらう方が圧倒的に気持ちがいいし、
その他諸々の仕事も、男性であるから不都合!?という
事象が、殆ど見つからなくなってしまったように思う。

要は馴れかな?って思う。

まあ今回は、病棟には男性看護師がとっても多くて、
主治医が若い女性…。

時は流れ、世は移ろう…
そんな感じだね。



初めてビデオデッキ(Betamax)なるものを購入したその日に、
まず真っ先に出掛けたのが、銀座の友人宅で、その日のうちに
なかば強引にコピーさせてもらったのが...

ROXY MusicとDavid BowieのNHKヤングミュージックショー映像。
さらに少し前にSONY提供で放送された日本語字幕付きの
Let It Be映画…そしてこのTodd Rundgren(with Utopia)のアゴラ・ライヴ。

Toddの映像は、70年代の終わりに、当時の東京12チャンネルで
放送されたもので、私はラジカセで音だけ録音して楽しんでいたのだが、
よもや、映像ごといつでも楽しめる時代が来るとは、思わなかった。

ってわけで、世間のオヤジどもは、妙な裏モノで盛り上がっていたけれど、
私はそんなものには目もくれず、ひたすらロックヴィデオ三昧…
そのトドメはいよいよFrank Zappa映像収集へ…と移るわけであるのだ。

まあ何はともあれ、何百回見たか分からないトッドラングレンのアゴラ…
今じゃあ、完全版がYouTubeでいつでも楽しめるわけで、
凄い時代になったものだなあと、改めて思うのである

TODD RUNDGREN - LOVE OF THE COMMON MAN


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

このカテゴリーに該当する記事はありません。